セルティックは3月28日、今シーズンのクラブ年間最優秀選手のノミネートを明らかにした。投票で選ばれる「今季のチーム最高選手」が誰になるのか注目される。

 公式サイトの投票ページにあげられた候補は、守護神ジョー・ハート、DFのアリスター・ジョンストン、グレッグ、テイラー、リアム・スケールズ、MFのマット・オライリー、カラム・マグレガー、そして古橋亨梧と前田大然の日本人2選手だ。

 セルティックは現在、スコットランドリーグで首位に立っているが、1ポイント差の2位レンジャーズより消化が1試合多い。アンジェ・ポステコグルー体制で国内を支配した過去2シーズンのように独走できていない。

 それだけに、チームのベストプレーヤーを選ぶのも簡単ではないかもしれない。『The Scottish Sun』紙は候補発表を受け、ファンからチョイスが難しいとの声も上がっていると報じた。

 同紙は古橋と前田について、「キョウゴはレンジャーズ戦の2試合ともで貴重なゴールを決めており、タイトル維持の理由となるかもしれない」と伝えている。

「ファンを二分したもうひとりが、キョウゴの同胞ダイゼン・マエダだ。チームで最もハードワークするひとりで、終盤戦で得点もあげているが、ファンから批判されることも少なくなかった」
【画像】南野拓実も驚き!金髪に変貌した前田大然
 一方で、サポーターからは以下のように意見が寄せられていると伝えた。

「誰もいない」
「(選ぶのは)難しいだろうな」
「今季の我々を見ていなかったのか?」
「今季は間違った理由で選ぶのが難しい」
「正直、ハートかな。おそらくは数少なかった安定したひとりだ」
「本当に卓越した選手はいない。前半戦で活躍した選手は調子を落としたし、その逆もある」

 昨季のセルティックでは、古橋が長いシーズンを通じてインパクトを残した。だが、今季は同様の選手がいないと評価されているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「久々に会えるとか、そんな甘ったるい集団じゃダメ」堂安律は37歳・長友佑都の代表復帰に何を思った?「経験値を生かしながらも...」
 
【記事】「自分なんて超えていた」天才MF小野伸二の“ごく身近にいた”消えた逸材とは? 衝撃の事実にスタジオ騒然!「グレちゃったんですけど...」

【記事】「球離れの遅さが気になる」4年前に久保建英をそう評した小野伸二、現在のプレーをどう見る?