現地時間3月31日に開催されたプレミアリーグ第30節で、遠藤航が所属する2位のリバプールは三笘薫が故障離脱している9位のブライトンとホームで対戦した。

 遠藤が4−3−3のアンカーで先発したリバプールは、開始早々にいきなり先制を許す。2分にカウンターを受けると、最後はウェルベックに強烈な一撃を叩き込まれた。

 9分には、ボックス内に侵入したサラーがコントロールショットで狙うも、わずかにゴール左に外れる。さらに18分にも、マカリステルの浮き球パスに反応したサラーがダイレクトボレーで合わせたが、枠を捉えられない。

 迎えた27分、サラーが頭で繋いだボールを相手がクリアしきれず、こぼれ球をディアスが押し込んで、試合を振り出しに戻した。その後も押し込むホームチームだったが、勝ち越しゴールは奪えず、1−1で前半を終える。
【動画】遠藤航が激しい守備でカウンターを阻止
 後半に入っても優勢のリバプールは、54分に左サイドでパスをもらったゴメスが鋭いクロスを供給。このボールに飛び込んだマカリステルがヘディングシュートを放つも、わずかにゴール右に外れる。

 それでも65分、ボックス内でマカリステルの縦パスを受けたサラーがワントラップから左足で流し込んで勝ち越しゴールを挙げた。

 さらに6分後、サラーの絶妙なスルーパスに抜け出したディアスがダイレクトでネットを揺らすも、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

 90分には、右サイドを突破したエリオットのパスからサラーが右足のシュートを放ったが、GKフェルブルッヘンの好セーブに阻まれた。

 その後はブライトンに同点弾を許さず、そのまま2−1で勝利したリバプールは暫定ながら首位に浮上。次節は、4月4日にホームでシェフィールド・ユナイテッドと相まみえる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「多くの批判や謎の物体扱いを経て、ようやく答えが得られた」久々先発で奮戦した鎌田大地を地元メディアが高評価!一方でまさかの“最低点”も「ミスが多すぎる」 
 
【PHOTO】まさにスタジアムの華! ワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【記事】「とんでもないクーデターだ」遠藤航、“期待以上のプレミア新戦力トップ10”にもちろん選出!「カイセドよりも優れていた」