怪我の具合が懸念される。
 
 久保建英を擁するレアル・ソシエダは現地3月31日に行なわれたラ・リーガの第30節で、アラベスとアウェーで対戦。59分にDFホン・パチェコがCKから決めたヘッド弾が決勝点となり、1−0で凱歌を上げた。

 この一戦に先発した久保は42分、敵陣でプレスを掛けた後に、右太もも裏を抑えてピッチに座り込み、プレー続行が不能に。自力で歩いてベンチに下がった。

 クラブの公式Xは、「右のハムストリングの違和感」と投稿している。
【画像】負傷してピッチに倒れ込んだ久保
 ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』によれば、チームを率いるイマノル・アルグアシル監督は試合後、日本代表MFの状態についてこう明かしている。

「危険は冒したくしたくない。大事に至らないのを願っている。私がタケと話したところによると、彼は離脱のような状態になる前に、プレーを止めるのを選んだようだ」

 大きな故障に繋がらないように、交代したということだろう。不幸中の幸いか、今週末は試合がないだけに、まずは怪我を癒して、万全な状態で戻ってきてほしい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

​​​​【記事】「かなしすぎる」「かなり心配」久保建英の負傷にファン騒然。「代表呼んだのリスク高すぎ」「本当に壊れてしまう」との声も
 
【記事】「傷ついたから避けて欲しかった」久保建英は暴力的行為を受けたカディスMFと何を話していたのか? 本人に訊いた「僕も熱くなってたんで...」 

【記事】「僕とは雲泥の差」「比較する必要ないでしょ」天才MF小野伸二が語る自身と久保建英の“違い”「僕は持っていない。すごい」と称賛したのは?