2年目の“激変”ぶりに隣国も注視している。

 3月30日に開催されたリーグ・アンの第27節で、南野拓実を擁するモナコはメスと敵地で対戦。5−2の圧勝を飾った。

 この一戦でゴ―ルラッシュの口火を切ったのが南野だった。開始4分、左サイドからエリエス・ベン・セギルが送り込んだグラウンダーのクロスをボックス内で収めると、素早く反転。振り向き様に右足のシュートを叩き込んでみせた。
【動画】南野拓実が華麗なターンからニアぶち抜き弾
 日本代表MFはこれが今シーズンの7点目。アジアカップから帰還後も好調を維持しており、二桁得点も視界に入ってきた。

 そんな29歳の活躍に注目したのが韓国のスポーツメディア『Sportal Korea』だ。「没落した日本のエースが完全復活に成功。すでに7ゴール・5アシスト。再びビッグクラブに挑戦」と見出しを打った記事を掲載している。
 
 同メディアは、不調に喘いだ昨シーズンについて、「モナコでの彼のパフォーマンスは絶望的だった。時々交代で出て印象的な姿を全く見せられないまま、リーグ18試合で1ゴール・3アシストという散々な成績だった」と回想。今季の復調ぶりをこう綴っている。

「ミナミノは昨シーズンとは異なり、監督交代のおかげで彼に合う戦術に変わり、生き残れる最適な環境が作られた。彼はシーズン初めのような姿こそ見せていないが、チームの攻撃を担当し、リーグ24試合で7ゴール・5アシストを記録している」

 記事は「この試合(メス戦)で勝利を記録し、モナコはリーグ3位を守った。残り7試合という状況でリーグ2位のブレストと勝点1差となっている。ミナミノは残りの試合でチームを引き上げると、次のシーズンにビッグクラブに再挑戦する機会を得られる」と締め括っている。

 ビッグクラブ行きを望んでいるかはともかく、南野の華麗な復活劇には、ライバル国も興味津々のようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「ニアの抜き方えぐ!もうエムバペじゃん!」南野拓実、華麗な反転からのぶち抜き弾に驚嘆の声!「ターン上手すぎる」「キレ半端ない!」
 
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】「どういうつもりなん?」前田大然のまさかの“変貌”に驚いた南野拓実。報道陣を笑わせた一言「プレゼントします」