今年1月に浦和レッズからベルギー1部のルーベンに期限付き移籍した明本考浩が、加入後初アシストを記録した。

 現地時間3月31日に開催されたベルギーリーグのプレーオフ2第1節で、明本と三竿健斗が所属するルーベンはホームでメヘレンと対戦。2−3で敗れた。

 この一戦に、明本は3−4−1−2の左サイドで先発。すると2点ビハインドの74分、右サイドから中に切り込み、左足でゴール前に鋭いクロスを供給。これを味方がダイレクトで流し込んだ。
【動画】明本考浩が絶妙クロスで移籍後初アシスト
 追撃弾をお膳立てした明本にSNS上では、「ナイスアシスト」「この調子でもっと上のリーグ行ってもらいたい」「ピンポイントクロス」「上手いな」「アシストきたー」「めちゃくちゃいいクロス」などの声が上がっている。

 目に見える結果を残した26歳は、ここからさらに存在感を高めていけるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「日本代表がどれだけ変わるか」27歳MFに森保ジャパン招集待望論!「アジア杯で居ればなぁと何回思ったか」「間違いなく必要な選手
 
【PHOTO】SNSフォロワー数が1550万超! スイス女子代表のブロンド美女、アリシャ・レーマンが魅せる厳選ショット集をお届け!

【記事】「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」