ワールドカップに3度出場した本田圭佑が、オランダ時代に受けた差別的行為を明かした。

 日本のレジェンドは、21歳の時にプロデビューをした名古屋グランパスからオランダのVVVフェンロに移籍。初めて海外でプレーする環境となった。

 自身の公式YouTubeチャンネルで公開した、サイバーエージェントの藤田晋代表取締役社長との対談の中で、“世界挑戦”について言及した本田は、当時をこう回想した。
【動画】本田圭佑とFC町田ゼルビアの藤田晋社長が対談
「最初にオランダ行った時、日本から車のメーカー(ホンダ)の奴が来て、お前らみたいなサッカー後進国がここで何ができるんだ、というようなことを平気で(言う)。何度も差別的なことには遭ってきました」

 ただ、本田らしく、それを力に変えていたようだ。「差別的なことを言われるとゾクゾクっとくるので」と述べている。

 そうしたメンタリティだからこそ、世界の舞台で成功を収められたのだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「いい監督になりそう」本田圭佑が太鼓判を押した元日本代表は? 引退発表の松井大輔も「補佐役やってみたいけど、断られた」
 
【記事】「撤回したら?」電撃引退発表の松井大輔に本田圭佑がまさかの発言!「トッププレーヤーでいたいかは別の議論」

【記事】「ハーランド? すごい!」松井大輔が驚嘆した日本人ストライカーは?「キャプテン翼の世界ですよ」