現地時間4月2日に開催されたコッパ・イタリアの準決勝第1レグで、鎌田大地が所属するラツィオがユベントスと敵地で対戦した。

 イゴール・トゥドール監督の初陣で、劇的勝利を飾った3日前のユーベ戦(セリエA第30節)では、11試合ぶりに先発出場を果たした鎌田はダブルボランチの一角で攻守に躍動したものの、この一戦ではベンチスタートとなった。

 序盤はユベントスに押し込まれラツィオは、徐々に盛り返す。40分には、右サイドのクロスにルイス・アルベルトがヘッドで合わせるもバーに嫌われる。

 前半アディショナルタイムには、ラビオにミドルシュートを浴びたが、GKマンダスがキャッチする。
【動画】鎌田が奮闘!ユベントス戦で猛プレスからチャンスを構築
 しかし後半立ち上がりの50分、縦パス一本で抜け出したキエーザのシュートで被弾し、先制を許す。さらに64分、主砲ヴラホビッチに持ち込まれて左足でネットを揺らされ、2点のビハインドとなる。

 ラツィオは72分に2枚替え。インモービレとL・アルベルトを下げて、前線にカステジェノス、ボランチに鎌田を投入する。

 鎌田は3日前と同様に積極的にボ―ルに絡み、前線へも攻め上がるが、ボックス内でのシュートをブロックされるなど、決定的な役割は果たせなかった。

 このまま0−2で敗れたラツィオは、現地4月23日に開催されるホームでの第2レグで逆転を期す。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「無能監督」「サッリのサッカーはクソ」鎌田大地の躍動でラツィオ前指揮官に批判殺到!「辞めてくれてありがとう」
 
【記事】「多くの批判や謎の物体扱いを経て、ようやく答えが得られた」久々先発で奮戦した鎌田大地を地元メディアが高評価!一方でまさかの“最低点”も「ミスが多すぎる」

【記事】「彼はとても賢い」「気に入ったよ」ラツィオ新指揮官が先発抜擢の鎌田大地を称賛!「私が望むスタイルに適している」