日本人5選手が所属するセルティックは現地時間4月7日、スコットランドリーグ第32節で宿敵レンジャーズと敵地で対戦している。
【動画】レンジャーズ戦、前田大然の開始22秒弾!
 試合はいきなり動く。キックオフからわずか22秒、セルティックはGKハートのロングフィードが敵陣のボックス手前付近に落ちると、前田大然がすかさず反応。猛スピードでボールを追いかけて、相手DFのクリアを右足でブロック。弾かれたボールがそのままゴールに吸い込まれた。

 伝統の一戦、オールドファームでいきなり結果を残した前田。自慢のスピードを存分に発揮した“らしい”ゴールとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】「エンドウは究極の保護シールド」遠藤航はマンUのブラジル代表MFより上!英紙が比較して賛辞「カゼミーロのベストでも彼より...」