現地時間4月7日に開催されたスコットランドリーグ第32節で、日本人5選手が所属する首位のセルティックは敵地で2位の宿敵レンジャーズと対戦。3−3で引き分けた。

 古橋亨梧、旗手怜央、前田大然、岩田智輝の4人が先発したオールドファームで、開始直後に衝撃のゴールを奪ったのが、4−3−3の左ウイングに入った前田だ。

 キックオフからわずか22秒、GKジョー・ハートのロングフィードにすかさず反応した前田は、敵DFジェームズ・タバーニアに猛チャージを仕掛けて、クリアを右足でブロック。弾かれたボールがそのままゴールに突き刺さった。
【動画】レンジャーズ戦、前田大然の開始22秒弾!
 チームの勝利には繋がらなかったものの、大一番で先制点を奪った前田にスコットランドメディア『Daily Record』は、採点記事でチームトップタイとなる「7点」を与えて、「開始22秒で先制点を挙げた。これ以上のスタートはないだろう。その後もタバーニアを苦しめ、レンジャーズのリーダーをピンチに陥れた」と称賛している。

 また、『THE SCOTSMAN』も同じく「7点」を付与。「この日本人は終始、生き生きとしていた。先制点の場面ではタバーニアを捕まえた。後半はそれほど危険なプレーはなかったが、この日の仕事は上出来だった」と評している。

 なお、英公共放送『BBC』によると、前田の得点は今季のスコットランドリーグでの最速ゴールとなったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】「スピード違反だろ」「風より速い」前田大然、大一番で“驚愕22秒弾”にファン衝撃! 猛チャージから先制点「ミラクルプレス」