日本人5選手が所属するセルティックは現地時間4月7日、スコットランドリーグ第32節で、宿敵レンジャーズと敵地で対戦した。

 セルティックはキックオフからわずか22秒で奪った前田大然の先制弾と34分のマット・オライリーのPKで2点をリードして前半を終える。

 しかし後半に入り、51分にアリスター・ジョンストンが自陣ボックス内でファビオ・シルバを倒してしまう。一度はシルバのシミュレーションと判定されたが、オンフィールドレビューによりPKの判定となり、これをジェームズ・タバーニアに決められて1点差に詰め寄られる。

 さらに試合終盤の86分には、アブダラー・シマにボレーを叩き込まれて同点とされる。その直後にはアダム・アイダが勝ち越しゴールを奪ったが、後半アディショナルタイムにラビ・アトンドにネットを揺らされて、再び同点弾を献上。伝統の“オールドファーム”は3−3の引き分けに終わった。
【動画】レンジャーズ戦、前田大然の開始22秒弾!
 セルティックの公式サイトによると、ブレンダン・ロジャーズ監督は試合後、「PKを取られるまでは、我々のほうがはるかに優れたチームだったから、勝てなかったのは残念だ。後半の立ち上がりまで、我々は素晴らしかった」と結果を悔やんだ。

 また、A・ジョンストンのプレーがPKと判定されたシーンには怒りを露わに。「私はPKだとは思わなかった。アリスター・ジョンストンは見事なタックルでボールを奪っていたため、相手選手がわざと倒れたと感じた」と述べている。

  勝ち切れなかったセルティックは首位を維持したものの、1試合消化の少ない2位のレンジャーズとの勝点差はわずか1。熾烈な優勝争いは最後の最後までもつれる展開になりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」
 
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】「スピード違反だろ」「風より速い」前田大然、大一番で“驚愕22秒弾”にファン衝撃! 猛チャージから先制点「ミラクルプレス」