現地時間4月10日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第1レグで、アトレティコ・マドリーがホームにドルトムントを迎えた。

 序盤から激しい守備を見せたアトレティコは開始早々に先制する。5分、相手DFのビルドアップのミスを見逃さず、ボールを奪ったデ・パウルがシュートを放ち、ネットを揺らした。

 その2分後には、グリーズマンの左からのクロスにヴィツェルがヒールで合わせるも、敵GKの好セーブに阻まれる。

 迎えた31分、右からのグリーズマンのパスを受けたリノがGKとの1対1を制して追加点。2−0で前半を終える。

【動画】ドルトムントのミスを見逃さず! アトレティコMFデ・パウルの先制点!
 後半はアウェーチームの攻勢を受ける。47分、ペナルティエリア手前からのザビツァーのミドルは、GKオブラクがキャッチする。

 52分にもピンチ。フュルクルクにボックス内でシュートを打たれるも、再びオブラクが反応する。

 迎えた81分、ブラントの浮き球パスを受けたアレに反転シュートを決められて1点差に詰め寄られる。

 それでも、終盤の猛攻を耐え抜き、2−1で勝利。敵地での第2レグは、日本時間18日の4時キックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「よくわからないけどフリーでいる」名SB内田篤人が“クロスを上げやすかったFW”は?「あまり動きすぎてない」
 
【記事】「自信がないのか、能力不足なのか」連敗のバイエルン、久々先発の韓国代表キム・ミンジェをドイツ誌が酷評!「トゥヘル監督は失望」

【PHOTO】世界の熱狂的なサポーターが作り出す、圧倒的なコレオグラフィーを一挙公開!