冨安健洋を擁するアーセナルは、現地4月9日に開催されたチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝・第1レグで、バイエルンとホームで対戦。2−2のドローに終わっている。

 左SBで先発する可能性も取り沙汰されていた冨安はベンチスタートとなり、そのポジションにはヤクブ・キビオルが起用された。

 ただ、2点目のPK献上に繋がるレロイ・ザネの突破を許すなど、ポーランド代表DFは精彩を欠き、1−2のビハインドで折り返したこともあってか、ハーフタイムにオレクサンドル・ジンチェンコと交代となった。
【動画】アーセナル陣営が激怒した、バイエルン戦のノーPKシーン
 英メディア『THE BOOT ROOM』は、「アルテタはハーフタイムの交代で自分のミスを認めたようだ」と指摘。ジンチェンコの起用についても疑問視している。

「ジンチェンコはアルテタ監督が契約した選手とは別人になった。このウクライナ人は、もはやガナーズのベストチームには入れないという議論もある。アーセナルの弱点であると主張されている」

 そして、「たしかにトミヤスの方がDFとしては優れているように見える。トミヤスは1600万ポンドでエミレーツに移籍して以来、何度かビッグパフォーマンスを見せてきた」と続けている。

 悔しさを味わった日本代表DFは、17日のセカンドレグでピッチに立てるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「トミヤスが先発かと思った」アーセナルの伝説FWが冨安健洋の“起用なし”に驚き! キビオルの起用に苦言「ウイングが不快に感じることを少しもしなかった」
 
【記事】「何が何でもペナルティだ」アーセナルが激怒した“ノーPK判定”に伝説OBも憤慨!「ノイアーはボールに向かって来ている」

【記事】「使わねーから、ザネが躍動」「出れば全てが解決」冨安健洋のCL出番なしに不満の声!「アルテタはドイツ対日本見てなかったのかね」