レバークーゼンは現地時間4月11日に開催されたヨーロッパリーグの準々決勝・第1レグで、ウェストハムとホームで対戦。2−0で先勝した。

 この一戦でチームを勢いづかせる先制点を奪ったのが、途中出場のMFヨナス・ホフマンだ。83分、CKのこぼれ球に左足ボレーで合わせて豪快にネットを揺らした。
【動画】ホフマンの強烈なダイレクトボレー弾
 鮮烈な一発に、SNS上では「きたきた!」「えぐいわ」「完璧だ」「美しいね!」「良いボレーだった」「ホフマンが点決めてる!」「なんてゴールなんだ!」「活躍してて嬉しい」などの声が上がった。

 この勝利でレバークーゼンは、公式戦無敗記録を「42」に伸ばした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「酷い試合。弱すぎる」「アタランタえぐい」遠藤先発のリバプール、ホームで衝撃の0−3惨敗にネット騒然!「アンフィールドの悪夢」
 
【記事】「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」

【PHOTO】世界の熱狂的なサポーターが作り出す、圧倒的なコレオグラフィーを一挙公開!