4月16日、大岩剛監督が率いるU-23日本代表は、パリ五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジアカップのグループステージ初戦でU-23中国代表と対戦する。

 その日中戦を前に、中国の著名なコメンテーターであるドン・ルー氏が発した衝撃的な見解が話題となっている。

 中国メディア『直播吧』によれば、ウェイボー(中国版X)のフォロワー1855万人を誇る同氏は「私は日本サッカーの時代は終わったと言いたい。日本サッカーがワールドカップでベスト16に入るのはもう終わりだ。アジアではしばらく続くかもしれないが、将来的には間違いなく下がる」とコメント。その理由をこう述べている。

「彼らはフィジカルが良くないからだ。サッカーはますますフィジカル的になってきている」
【PHOTO】パリ五輪行き切符をかけたU-23アジアカップに挑むU-23日本代表招集メンバーを一挙紹介!
 ドン・ルー氏は「中国は身体的には何の問題もない。信じてほしい。今では外の世界でも評価が高く、認知力と実践能力が向上しているので、いつか中国人選手の心が開く日が来るだろう」と言葉を続けている。

「眠れる獅子は徐々に目覚めつつある。日本人は常に我々を恐れてきた。日本の監督たちが中国に来たとき、中国には素晴らしい人材がたくさんいるのを見て死ぬほど嫉妬していた。信じてくれ、絶対的なパワーは、絶対的な技術を打ち負かすことができる」

 果たして日中戦はどんな結果になるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】「小学生の質問? 彼、プロですよね」内田篤人がU-23日本代表FWの“発言”をバッサリ!

【記事】「コイツ、すげぇーな」内田篤人が“大物になる”と太鼓判を押した19歳の日本人DFは?

【記事】「何をするのかとビックリして」小野伸二がパリ五輪世代MFの“超絶フェイント弾”を絶賛!「すごいよね。ステップ」