現地時間4月18日に開催されたヨーロッパリーグ(EL)の準々決勝・第2レグで、遠藤航が所属する優勝候補のリバプールがアタランタと敵地で対戦した。

 ホームでの第1レグで0−3と惨敗して迎えた大一番で、遠藤はELでは10試合目で初めてベンチスタートとなった。

 そのリバプールは開始早々に先制する。7分、右SBアレクサンダー=アーノルドのクロスがルッジェーリのハンドを誘発して得たPKを、サラーがきっちり決めた。
【動画】サラーが落ち着いて決めたPK弾
 アグリゲートスコアで1−3とすると、さらに猛攻を仕掛け、13分にはソボスライがミドルを狙うも、相手GKムッソの正面を突く。

 39分にも抜け出したサラーがループシュートを放つも枠を捉えられない。
 
 このまま1−0と折り返した後半、なかなか攻め手がないアウェーチームは66分に3枚替えを敢行。サラー、ディアス、ソボスライを代えて、ヌニェス、ジョッタ、エリオットを投入する。

 しかし、この交代も奏功せず、初のベスト4進出を目ざすアタランタの守備を崩せない。

 結局、このまま1−0で終了。リバプールはアグリゲートスコア1−3で敗退となった。遠藤は今大会初めて出番なしに終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】リバプール新監督に“守田の恩師”が就任なら遠藤航は控えに降格か。地元メディアがまさかの見解「トップクラスの守備的MFではないかもしれない」
 
【記事】「認める。私が間違っていた」なぜ元プレミア戦士は遠藤航に“謝罪”したのか。「彼のサッカーIQは思っていたよりずっと優れている」

【記事】「気分が悪い。ひどいパフォーマンスだった」0−3完敗のリバプール、クロップ監督は憮然!「ポジティブなことは何もない」