現地時間4月20日に開催されたスコティッシュカップの準決勝で、日本人5選手が所属するセルティックは敵地でアバディーンと対戦した。

 旗手怜央と古橋亨梧が先発、岩田智輝がベンチスタート、負傷離脱した前田大然と小林友希がメンバー外となったセルティックは、開始2分にいきなり先制を許す。ディフェンスラインの裏に抜け出したミオフスキーに左足で流し込まれた。

 12分には、ロングボールに反応した古橋がワントラップからボレーを放つも、GKルースにセーブされる。

 それでも21分、敵陣でボールを奪った古橋が決定機を迎えて、右足でシュート。これは相手のブロックに遭うも、こぼれ球をキューンが押し込んで同点弾を奪った。その後、追加点は奪えず、1−1で前半を終える。
【動画】セント・ミレン戦、旗手怜央の強烈右足弾!
 後半に入り、セルティックは51分、旗手の意表を突いたスルーパスをもらったヤン・ヒョンジュンがドリブルで持ち込んでシュートを放つも、相手にブロックされた。

 その後も押し込むアウェーチームは、62分にマグレガーに代わって岩田を投入。するとその直後に逆転に成功する。左サイドでボールを受けたフォレストが中に切り込んで、右足のミドルシュートを突き刺した。

 85分には、左からのクロスをGKハートがキャッチミス。こぼれ球を拾われて大ピンチを迎えたが、相手のシュートはカーター=ヴィッカーズがゴールラインぎりぎりで防いだ。

 しかし90分、ホイレットのクロスからソクレルにヘディングシュートを叩き込まれて、土壇場で同点弾を献上。試合は延長戦に突入する。

 105+1分、セルティックは右サイドを突破したアリスター・ジョンストンの折り返しに反応したオライリーが、ワントラップから左足で勝ち越し弾を決めた。

 しかし119分、右からのホイレットのクロスをマクドナルドに頭で押し込まれて、またしても土壇場で追いつかれてしまった。

 120分で決着がつかずに迎えたPK戦では、セルティックが6−5で勝利。接戦を制して決勝進出を果たした。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【記事】なぜ無敵のセルティックは崩壊したのか。地元メディアが見解「前田、古橋、旗手らはポステコグルーのために集められた」 
 
【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!

【記事】大岩Jと韓国が全く同じ成績で並ぶ。日韓戦がドローなら順位決定方法は? 単独首位を逃した“外しすぎ”にネット反響!「5−0で勝てた」「あと1点は欲しかった」【U-23アジア杯】