2024年4月21日、味の素スタジアムでFC東京と対戦したFC町田ゼルビアは立ち上がりからアグレッシブなサッカーを展開すると、14分にセットプレーから先制した。

 ファーサイドを狙った仙頭啓矢のコーナーキックに反応したのは、FC東京に在籍経験があるナ・サンホ。そのコーナーキックにダイレクトで合わせた彼の右足シュートは文字通りパーフェクトで、「これは止められない」という一撃だった。
【動画】ナ・サンホのスーパーボレ
 ここしかないというコースに蹴り込む技術は見事というしかない。古巣相手に強烈な一発を突き刺したナ・サンホは凛々しい表情を見せたあとチームメイトの祝福を受けていた。

 ちなみに、試合は前半を終えて2-1と町田がリードしている。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 
【記事】「日本代表監督になったら面白い」鄭大世が正直にそう思った指揮官は? 「日本代表の弱点を突いたサッカーを徹底的にやっている」

【記事】優れたフィジカルで敵守備陣を混乱。キックの精度は異次元。UAE戦で印象的だった“ふたりのパフォーマンス”【U-23アジア杯/コラム】