現地時間4月21日に開催されたラ・リーガの第32節で首位のレアル・マドリーと8ポイント差で2位のバルセロナが、前者の本拠地サンティアゴ・ベルナベウで激突した。

 伝統のエル・クラシコは開始6分、ラフィーニャのCKにクリステンセンがヘッドで合わせ、バルサが先制する。

 すぐに反撃に出たマドリーは17分、右SBのルーカス・バスケスがボックス内に切れ込み、敵CBクバルシに倒されてPKを獲得。これをヴィニシウスが決めて、すぐに同点に追い付く。

 バルサは28分、再びCKからチャンス。ニアサイドでヤマルが左足で触ったボールがゴールへ向かう。相手GKルニンが慌ててかき出し、ゴールラインを割ったのかどうか微妙な判定だったが、ゴールは認められない。

 そのバルサは前半アディショナルタイムにアクシデント。MFデ・ヨングが負傷し、ペドリと交代する。
【動画】ベリンガムがクラシコで劇的決勝弾
 1−1で突入した後半、マドリーは55分にカウンターでチャンスを迎えるもヴィニシウスがシュートを大きく外してしまう。

 迎えた69分、ヤマルのクロスをルニンが弾いたところを途中出場のフェルミンが詰めて、バルサが1歩前に出る。

 しかし、その4分後、ヴィニシウスのクロスからL・バスケスにダイレクトシュートを叩き込まれて、すぐに追い付かれる。

 78分にも、ヴィニシウスに抜け出されるも、ここはテア・シュテーゲンが防ぐ。

 2−2のドローで終わるかと思われた後半アディショナルタイム1分、絶好調だったL・バスケスのクロスをベリンガムが左足で合わせて、前回対戦に続いて劇的な決勝点。マドリーが3−2で勝利を収めた。

 両軍の差は残り6試合で11ポイント差に開き、ラ・リーガの優勝争いは事実上決着した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華!現地観戦する選手たちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【記事】「全く理解できない」パリSGの韓国代表イ・ガンイン、バルサ戦で驚きの先発も仏メディアは辛辣評価!「何ひとつ良くなかった」

【記事】「3失点全てが事実上のミス」バルサに逆転負けのパリSG、GKドンナルンマに衝撃の“2点評価”!「びくびくしていた」