12月24日、インテル所属の日本代表DFの長友佑都(30歳)と女優の平愛梨(32歳)が、都内ホテルで婚約会見を開いた。
 
 今年6月に交際が発覚し、長友が「僕のアモーレです」(イタリア語で「愛する人」の意味)と宣言したことで日本中を騒がせたビッグカップルが、ついに“ゴールイン”する。
 
 入籍は来年1月29日の予定で、平は以降の仕事をセーブして時期を見てイタリアへ移住。挙式はセリエAのシーズンが終わる5月以降の予定だという。
 
 会見の冒頭では、2人の軌跡、そして今年2月に聖地サン・シーロ(インテルとミランのホームグラウンド)のピッチ上でプロポーズした際の動画が流された。長友が指輪を手に「俺についてきてほしい。結婚してください」と告げ、平は「もちろん! 大喜び」と返したという。指輪は「ミラノのお店でハートの形で作った特注のもの」と明かした。
 
 平が「さだまさしさんの『関白宣言』を毎日聞いているんですけど、あのような女性が理想。一緒に生活すると慣れもあるだろうけど、堪え忍ぶ女性になりたい」と明かせば、長友も「彼女は(『関白宣言』の女性に)なれます。こんな素晴らしい女性がこの世に存在するんだなってくらい、気が効いて、思いやりがあり、テキパキと動く。手料理も美味しい」と完全にメロメロの様子だった。
 
 子供について問われると、長友が「11人ですね。サッカーチームが作れる(笑)」と仰天宣言。すると平が「大歓迎です」とコメントし、すかさず長友も「いいんかい!」と突っ込むなど、会見は終始和やかなムードで進んだ。
 
【PHOTO】やはり美女揃い!フットボーラーの「アモーレ」たち