価値あるマイノリティの取り組みを紹介する連載企画――。「女性は人口の半分」と語るサッカー指導者にして学園型地域総合スポーツクラブの仕掛け人、石山隆之が思い描く未来とは?
 
―――◆―――◆―――
 
 このギャップはなんなのか――。柔らかな物腰で会話の端々に破顔と笑声を織り交ぜていたあの男が、この日は眼光鋭く、取り囲む女子高校生たちの背筋をピンとさせている。
 
「どちらかと言ったら、厳しいほうだと思いますよ」
 
 穏やかだったあの日の自己評価を、とても鵜呑みにはできなくなった。どちらかと言ったら?本当なのか。
 
 試合直前のミーティングが終わり、全員が退出した教室から人工芝のグラウンドまで案内してくれた3年生の選手に、歩きながら聞いてみる。
 
「先生、怖くない?」
 
 センターバックとして試合に出場した彼女は、否定はしなかった。しかし、肯定したわけでもない。つまりは仏と鬼の共存か――。もしかするとこのギャップこそ、石山隆之の大きな求心力なのかもしれない。
 
 石山が総監督を務める十文字フットボールクラブにとって、2017年は節目の年となっている。1月上旬には十文字高校が、全日本高校女子サッカー選手権大会で初優勝を成し遂げた。96年に当初は部員9人の同好会として石山が立ち上げてから、創部21年目の全国初制覇となった。
 
 3月上旬には石山個人が、「第4回ジャパンコーチズアワード」で優秀コーチふたりのうちのひとりに選ばれた。ちなみに最優秀コーチ賞は、正月の箱根駅伝を3連覇中の青山学院大学から原晋監督が受賞している。
 
 3月下旬には、十文字フットボールクラブのトップチームであるFC十文字ベントスが、なでしこ3部のチャレンジリーグに参入。石山が足掛け10年温めてきた「十文字フットボール構想」が、大きく動き出している。「女性は日本の人口の半分じゃないですか。ポテンシャルは大きい」。そう語る石山が見据えているのは、どんな未来なのだろうか?
 
―――◆―――◆―――
 
 一筋縄では行かなかったのが、なでしこリーグへの参戦だ。十文字フットボールクラブの母体となっている十文字学園は女子大、女子高、女子中などを経営する学校法人。石山が5年以上前に誕生させたFC十文字ベントスの構成選手も、これまでは十文字高校や十文字中学の現役のサッカー部員が主体となってきた。
 
 異論は学内から聞こえてきた。学園を逸脱するトップチームがなぜ必要なのか。なでしこリーグにわざわざ参戦する必然性は? そんな逆風に晒されながら、どうやって今日(こんにち)を迎えられたのか――。
 
「僕が周囲を説得したとか、石山を応援してやろうとか、そういう話じゃないですね(笑)。生徒たちのおかげですよ。サッカー部員たちが普段の生活をちゃんとして、勉強も頑張るわけです。担任の先生方はやっぱり応援したくなる。地域の人たちも、礼儀正しいウチの部員たちを褒めてくれる。そうした反応を、学園の教員たちもいろいろ耳にしているようです。認めてやろうという空気がじわりじわりとできてきました」
 石山が大切にしてきたのは、文武両道だ。サッカー部創設当時、十文字学園にはスポーツを経営資源と見なす発想自体がなかった。あくまで本分は学業であり、部活動の継続には“文部両道”が不可欠だったのだ。今でも石山はこう諭す。「良きサッカー選手である前に、良きサッカー部員であれ。トップチームの選手には、まず良き社会人であれ」と。
 
 石山の脳裏に焼き付いている光景がある。遠征に向かうバスの中でも時間を惜しみ、教科書や参考書を開いていたあるサッカー部員の姿だ。十文字高校は東京都内の巣鴨駅近辺にある。その生徒は学校まで、片道2時間かけて通学していた。「希望の大学があったんですね。夢に突き進むその背中で、部員たちを引っ張った彼女の存在は大きかった。後輩たちに、スゴい卒業生がいたんだぞって話もできます。すると同じような生徒が出てきて、毎年のように増えていく。今では部員同士、友達同士、助け合っているのでしょう」
 
 サッカー部員の成績優秀者の比率は、かなり高い。具体的なパーセンテージを教えてくれた石山は、こう付け加えて笑いを誘った。「ちょっと、えばっちゃいました(笑)」。
 
 石山が温めてきた十文字フットボール構想の実現への追い風となっているのが、今冬の高校選手権優勝だ。
 
「けっこう前から自分なりの主張はしてきましたが、最近まで見向きもされなかった(笑)。アイツ面白いこと言っているぞって、話を聞いてもらえるようになったのは、選手権の優勝もあるからでしょうね。勝つから注目されるし、でもちゃんと理念を持って地道にやらないと勝てないだろうし。ニワトリが先か、タマゴが先か、分かりません(笑)。勝つのも、ウン、重要ですよ」
 
 4月末の快晴の日曜日、FC十文字ベントスが、なでしこチャレンジリーグの試合に臨んでいた。真昼の日差しは強く、198人と発表された観客の中には半袖の人もいる。
 
 ベントス1点のリードで迎えた後半半ば、CFの中原さやかがタッチライン越しに声を掛けられた。彼女の視線の先には紳士が――。何やら中原にアドバイスを授けている。それまで黙って試合を注視していたその紳士こそ、なでしこジャパンの前監督で、日本の女子サッカーを11年のワールドカップ制覇に導いた佐々木則夫であった。
 
「なでしこジャパンが、昨年のリオ五輪に出場していたら……」
 
 恐縮した表情で石山が振り返る。
 
「ノリさんの十文字大学副学長就任は、なかったでしょう。ベントスのなでしこリーグ参戦に許可が下りたのも、ノリさんのおかげで学内の機運が一気に高まったからなんです」
 ベントスはチャレンジリーグ参戦に必要な諸条件の審査を通過し、16年秋の入れ替え戦を勝ち抜いた。石山の構想にとって、なでしこリーグへの参入は重要だった。
 
「世界に類のない女子サッカーのピラミッド作り。それが自分のビジョンであり、ミッションなんです」
 
 そう言うと石山は大きな紙を取り出し、実際にピラミッドの図を書き出した。最上層にトップチームのベントスがあり、次の層に大学、その下に高校、その下に中学の各サッカー部と裾野が広がっていく。ベントスにはジュニアユースがあり、ジュニアやキンダーのアカデミーもある。
 
「このピラミッドがウチ独自の強みなんです。女子サッカーの場合は中高大からトップチームに自由に出入りできるので、例えば高校生がベントスの試合に出て、強い相手と戦えばいい刺激になりますし、その経験を高校の部活に持ち帰れます。ベントスはベントスで、他の大学から強化指定選手を引っ張ってこなくても、ウチのピラミッドの中で戦術の幅が広げられる。非常にいい相乗効果を生むんじゃないでしょうか」
 
 ちなみに、前述した4月末のチャレンジリーグでベントスの得点者となったのは、十文字高校を卒業したての中原と源間葉月、今春から3年生の蔵田あかりという3人だった。
 
 十文字フットボールクラブの総監督、石山は勝利に貪欲だ。ベントスであれば目標はなでしこリーグ1部昇格で、優勝すら夢見ている。とはいえ、石山がイメージしているのはピッチ上の成果だけではない。むしろ、前述のピラミッドを縦横に広げていく取り組みにこそ、十文字フットボール構想の革新性がある。
 
 ピラミッドの図を見ながら、石山はこう問い掛ける。
 
「サッカーが上手い子は、上のほうまで残っていくでしょう。でも、他の子はどうなりますか?」
 
 そう言うと石山は、ピラミッドの図に線を加え出した。
 
「頂点を、左右にいくつも増やしていきます。それぞれの頂点を底辺と結ぶと、どうです? 上のほうが幅の広い逆台形になりませんか?」
 
 ピラミッドが三角形のままだと、脱落者が出てくるはずだ。しかし、頂点がたくさんの逆台形なら――。
 
「指導者、トレーナー、審判など、いろんな頂点を目指せます。完成させたいのは、この逆台形モデルです」
 
 背景にあるのが女子サッカーの構造的な問題だ。石山はピラミッドの頂点を指差しながら、指摘する。「ここまで行っても、プロとして一生食べていけるわけではない。ピラミッドが三角形のままだと、セカンドキャリアの問題が付きまといます」。
 
 早稲田大学大学院の社会人修士課程で学んだ、平田竹男の教えをアレンジした女子サッカーの台形モデルでは“学び直し”がキーワードのひとつとなる。
 
「現役のなでしこリーガーは約900人。その1割でも2割でも学び直せるように、大学が門戸を開く。格好の受け皿になれるのが十文字学園女子大学なんです。資格や免許の取得に繋がる学科ばかりですから」
 
 児童教育学科なら小学校の教員免許が取れる。食物栄養学科であれば管理栄養士に、健康栄養学科であれば保健体育の先生に、幼児教育学科であれば……と、石山は指折り数えてから、さらなる構想を口にする。
 
「社会人入学枠を設けて、授業料をいくらか減免する。そんな枠組みも必要になってくると思います」
 女子の社会人選手が十文字ベントスで競技を続けながら、十文字大学で学び直し、デュアルキャリアを築くそんな人生設計も可能になる。
 
「サッカーを通して培った忍耐強さ、出会った多くの人たちとの人間関係、あきらめない気持ち……。そういうベースができていますから、幸せな次の道が絶対ありますよ。たとえ一度はサッカーから離れたとしても、また戻ってくればいい。それぞれの頂点で、できればこれからの女子サッカーを支えてほしい」
 
 女性が様々な世界でもっと輝ける未来へ、石山は腹を括っている。
 
「女性に勇気を与えるような仕組みを、このクラブで作っていきたい」
 
 石山は愛嬌たっぷりの表情で、こう付け加えた。「今はまだ3部なんで、1部で引退間際のトッププレーヤーが、ウチに来てくれたらとも密かに思っていて。エッヘッヘ。すみません、セコい考えで(笑)。でも、そういうのもいいんじゃないかな」。
 
「サッカーからは逸脱した大きな話になってますけどね」
 
 そう言って、ハッハッハと人懐っこく笑う石山の構想には、さらなる広がりがある。「ベントスのホームゲームでは、なでしこリーグの運営を学生たちに手伝ってもらいます。ある種のインターンシップです」。
 
 石山の講義の受講生に募集を掛けると、30人ほどが手を挙げた。それとは別に、同じ十文字大学でスポーツマネジメントの同好会も立ち上げる。いずれも一般の学生から、かなりの反響があると言う。大学生のサッカー部員は、ベントスのアカデミーで子どもたちを教えている。
 
「たくさんは雇えませんが、アルバイト料も出ますから」
 
 既存の枠組みからはみ出した挑戦の肝となるのが、地域との連携だ。
 
「日本でスポーツの発展を阻んでいるのが、ハードの問題。試合や練習の場所がない。この国は狭いからだって話、ありますよね。ところが大学の塀をひょいと越えれば、授業でしか使っていない人工芝のグラウンドが眠っていたりするわけです」
 
 進めているのは、校庭開放のような場所だけを貸す試みではない。指導やサポートといったソフトをセットにする持続性の高い学園開放だ。
 
「プールが空いてるぜ。体育館も使えるぞ。じゃあ、水泳教室やマタニティ教室もできるじゃないか。大学には人もいます。いろんな競技の指導者、ドクター、栄養学の先生と、それぞれ専門分野も違います」
 
 多世代が多種目を楽しめる学園の施設を利用した総合型地域スポーツクラブ。石山が「学園型地域総合スポーツクラブ」と名付けたそのクラブ運営のための一般社団法人「十文字スポーツクラブ」を、学校法人とは切り離す形ですでに設立している。学園内の部活動から、学園外にも広がるクラブ運営へ――。
 
「地域の尺度は、学校のモノサシとは違います。これからは地元の人たちから十文字が愛される、必要とされるモノサシをさらに持たないと」
 FC十文字ベントスのホームタウンはグラウンドがある埼玉県新座市と、そこから道路を挟んだ東京都清瀬市。Jリーグにはない県境をまたぐホームタウンだが、石山は将来の広域化をすでに思い描いている。
 
「行政の境界線を越えて、ホームタウンを広げていきたいなって」
 
 ちなみに、十文字中学と高校の所在地は東京都豊島区だ。
 
「広域にできれば、応援してくれる企業や人もそれだけ増えます。いずれ豊島区まで広げていきたい」
 
 ホームタウンの拡大は、普及育成の課題解決にも繋がってくる。日本サッカー協会の女子の登録チームと選手数は、15年のデータで1235チーム、2万7169人。男子を合わせた全体の4.4パーセントと2.9パーセントに過ぎない。しかも13年の1409チーム、3万243人からだいぶ減っている。競技人口が伸びない理由のひとつに、受け皿の問題がある。中高の女子サッカー部は多くない。
 
「日本の女子サッカーの課題を突き詰めると、普及育成なんですよ。それを強化に還元できるサイクルをぐるぐる回せるようにならないと、いつまでもマイナー競技のままです」
 
 広域化が叶えば、例のピラミッドは縦横に広がっていく。頂点がたくさんの逆台形も大きくなる。
 
「学校+地域だと裾野が広がりますし、てっぺんも高くなりますから」
 
 展望はその先もある。
 
「この十文字モデルが日本中、地方の女子大や短大に波及する。全国的には知られていない大学が、町興しの中心になる。結果として、女子サッカーの競技人口が増えて、普及育成活動に繋がります。これ、すごく良くないですか?」
 
―――◆―――◆―――
 
 中学時代に憧れたのが、サッカー部の顧問だった。ラーメン屋に連れて行ってくれたり、ゲンコツを食らったり、丸坊主に頭を刈られたり。
 
「すごく楽しかった。サッカーも学校も好きになりましたね」
 
 仏と鬼の原点は、そんな中学時代にあるのかもしれない。好奇心に駆られて、最後に聞いた。石山にも弱点はあるのだろうか。
 
「僕の弱点? メンタル」
 
 こちらが、よほど意外そうな顔をしていたのか。「みんなそういう反応ですけど、気にするんです、これでも。あ、言い過ぎたとか、こんなふうに思われてるんじゃないかとか、あの自分の言動どうだったんだろうとか。だから落ち込みやすかったりします。もちろん教え子たちには見せませんけど、実は弱いんです。フッフッフ。これホントですから」。
 
 そして話はこう続く。
 
「もしかすると、それが僕の強みかもしれません。気にする分、気を配りますし、部員たちにもフォローしてきました。けっこう厳しくしても、だから付いてきてくれるのかな」
 
 ボール1個ない同好会から始めた女子高のサッカー部が、地道な活動をコツコツ続け、21年でここまで大きくなった。今では信頼するスタッフが、各カテゴリーの監督やコーチに加え、クラブ機能を支えるマネジメントの分野にも集まっている。“鬼の石山”だけで、こうした求心力を持ちえたとはとうてい思えない。この男には、飛び切りの笑顔もよく似合うのだ。

取材・文:手嶋真彦(スポーツライター)