岩政大樹 西村さん自身の今後の目標は?
 
西村雄一 次の1試合に全力を尽くすことです。大会の規模やカテゴリーに関係なく、レフェリーがやることはどの試合も同じ。少年サッカーの試合もワールドカップの試合でも、同じ様に選手のために全力を尽くすようにしています。

 ところで岩政さん、日本には4級のお父さんお母さんレフェリーから1級まで何人くらいいると思います?
 
岩政 結構な人数がいますよね。
 
西村 26万人いるんです。
 
岩政 えっ?
 
西村 都道府県のカテゴリーでは、相互審判をしなければいけない関係で、必ずチームに有資格者のレフェリーを登録しなければいけない。よって、この人数になっています。
 
岩政 すいません。数千人だと予想していました。
 
西村 26万人のなかで、Jリーグやなでしこの審判をしているのが260人前後。ですから0.1パーセントのレフェリーが、トップリーグの試合を担当しているんです。
 
岩政 それだけ選りすぐられたレフェリーでも、ひとつのミスで選手やサポーターの反感を買ってしまう。難しい仕事です。
 
西村 レフェリーの印象が一度悪くなると、かなり長い間みなさんの記憶に残ります。もちろん、レフェリーも最善を尽くしていますが、そんな時は、だいたいどのスタジアムに行っても「また西村だよ」と言われます。イメージを覆すのは、非常に難しく大変ですね。
 
岩政 西村さんの理想が実現すると忘れ去られるのに、悪い印象だけは残ってしまう。それはつらそうですね。
 
西村 確かに、そうなるとレフェリーはつらいですね(笑)。でも、選手の夢を支えるという強い情熱をもって毎試合やっています。
 
岩政 つらい時の対処の仕方はありますか?
 
西村 サポーターの皆様からのご意見やお叱りは、当然あることだと思っています。それに、選手のほうが、サポーターから厳しいことを言われていますからね。
 
岩政 やっぱり凄いですよ。犠牲心の塊というか。
 
西村 いろんなサッカーの楽しみ方があると思いますが、やっぱりレフェリーだからこそ味わえる楽しさもあります。学生時代に見ていた岩政さんが、鹿島の主力になり、日本代表にもなった。その過程を近くで見られるのは嬉しいです。
岩政 西村さんは、そういう自分のやり方をレフェリー業界で話すことはないんですか?
 
西村 悩んでいるレフェリーにアドバイスをしますが、私の言うとおりにしても上手く行くとは限りません。結局、いろんなやり方からそのレフェリーがスタイルを築くもので、解決策は自分で見つけなければいけない。

 ですから、ミスがあっても正直にやっていくべきだと話しています。岩政さんは今、関東1部リーグでプレーしていますが、そこに若いレフェリーが来ると、戸惑いませんか? どうしたって岩政さんの経験のほうが上だから、文句を言いたくなる場面もあると思います。
 
岩政 そうなんです。だから、ここ数試合はレフェリーに合わせるようにしました。レフェリーの方が私に対抗してくるので。
 
西村 そうでしょうね(笑)。
 
岩政 私なりに若いレフェリーの方のことを考えていろいろ話はするんですが、どうも逆効果のようで……。
 
西村 私も経験しましたが、自分のミスは、レフェリー自身が一番分かっているんです。ただ、そこを突っ込まれると反発してしまうこともあります。でも、それでは良くない。我々レフェリーは第三者、プレーの真実を知っているのは選手だという発想が大事かもしれません。

 例えば、ラストタッチは選手のほうが分かっているかもしれない。レフェリーはそこで間違いだと気づいたら、その時は選手に正直に伝えてみる。もちろん、選手に咎められますが、次に同じような場面を迎えた時に、今度は選手に「今のはあっていたよ」と言ってもらえたら、信頼関係ができるはずです。
 
岩政 全国のレフェリーの方は勉強になりますね。付け加えておきたいことはありますか?
 
西村 海外は「あまり笛を吹かない」と比較されます。これは、選手が激しい接触に耐えたら、タフなチャレンジとしてプレーを続けさせることがある。つまり、我々が基準を変えているのではなく、選手のプレースタイルによるもので、それが基準の差に見えるのではないでしょうか。

 それから、Jリーグよりも海外のほうが面白いという意見を耳にします。これは、日本文化として「ミスをするな」という中で育っているので、あまりリスクを負わないのかもしれない。海外リーグと同じようにチャレンジする回数が増えれば、観客の満足度も上がるかもしれません。
岩政 チャレンジした時の空気ですよね。そこでミスが出ると「おい!」となる。「いいぞ!」とならない。
 
西村 サッカーは、最低1点は取らないと勝てないスポーツ。引き分けの試合はなんとかしてくれと皆さんが思っている。
 
岩政 ビデオ判定に関してはどうですか?
 
西村 レフェリーは人間の限界を超える場面を判断しなければならないケースもあります。ですから、ビデオ判定が上手く馴染むのであれば、補助ツールとして活用したほうが良いと思っています。

 もちろん、すべての場面ではなく、得点や退場に関わるとか、大きな影響が出る判定の整合性を整えるための導入です。ポイントで使えば、皆さんがサッカーを楽しむうえではありかなと思います。
 
岩政 見ている観客も、選手もビデオ判定のルールを理解しないとダメですよね。判定が変わる可能性があるわけですから。
 
西村 ビデオ判定の導入は、選手たちに意識変化をもたらすと思います。今のルールでは、選手のフェアプレー精神を尊重する形ですが、ビデオ判定では、監視カメラの中でプレーするので、選手が”ズルいこと”をできなくなります。”駆け引き”で勝負している選手は、ビデオに映っていたら言い逃れができなくなるんです。
 
岩政 マリーシアと言われる部分ですね?
 
西村 悪い意味でのマリーシアです。例えば、シミュレーション。接触がないのに、ファウルを装う。そのズルさは、自分の意思がないと起きません。映像で残ると世の中の人にズルい選手だと認識されてしまう。そのダメージを覚悟して、やるかやらないかを選手が決めることになります。
 
岩政 なるほど。
 
西村 本来はビデオ判定云々ではなく、レフェリーは正しく判定することに努め、選手はフェアプレーの精神をリスペクトするのがベストです。選手の方々には、それを意識して、たくさんの人に勇気や感動を届けてほしいと思っています。
 
――◆―――◆―――◆―――
 
 私が常日頃、意識しているのが想像力です。特に、接する相手の心の中を想像することに比重を置いています。
 
   レフェリーとの接し方も同様でした。
 
 私にも西村さんにも、自分の存在意義を揺るがす大事件が起こり、そこから自分と向き合うなかで、「どうすべきか」の答を相手の心に見つけました。西村さんのお話と自分が考えてきたことがリンクして、心がスッと落ちました。
 本当に忘れていたのですが、昨年のプレーオフ決勝のレフェリーは西村さんでした。それは私にとってのJリーグ最後の試合となりました。
 
 対談を終えた今、大学生の時のあの試合から続いたひとつの長い物語が、そこで完結を迎えたのだなと思いました。
 
 私は試合中、レフェリーとよく話をしています。目的は抗議よりも、レフェリーの心を覗くことにありました。人は接しなければ分からないことがあります。話してみなければ感じられないものがあります。それを好んでいただけないレフェリーも確かにいらっしゃいますが、何れにしても、人と人はまずコミュニケーションを取ることが大切だと思っています。
 
 サッカーにおける選手とレフェリーの関係とは、突き詰めれば、裁く、裁かれるの関係ではありません。
 
『私たちレフェリーの語源は「refer=ゆだねる、任せる」です。必死に戦っている選手たちでは判断できないから、第三者に判定を任せる。それがレフェリーであり、判定を受け入れるところまでがルールなんです』
 
 選手とレフェリーはともに試合を作り、ともにサッカーを作っていく存在なのだと思います。
 
 西村さんの言葉には端々に心が見えました。すべては「人間関係」のもとにあり、大切なのは「信頼関係」。「両チームからレフェリーという存在が消えていたら良し」。
 
 選手の心に基準を置かれる西村さんの姿勢に、私が抱いてきた感情が両思いであったことが確認でき、嬉しいとも少し違う、晴れやかな空のような気持ちになりました。
 
【プロフィール】
西村雄一(にしむら・ゆういち)/1972年4月17日、東京都出身。1999年に一級審判員として登録され、2004年からスペシャルレフェリー(現・プロフェッショナルレフェリー)に。2010年の南アフリカ・ワールドカップ決勝の第4審判、2014年のブラジル・ワールドカップでは、開幕戦で主審を務めた。2014年まで国際審判員として活躍し、現在はJリーグで笛を吹いている。
 
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。J1通算290試合・35得点。J2通算82試合・10得点。日本代表8試合・0得点/鹿島で不動のCBとして活躍し、2007年からJ1リーグ3連覇を達成。日本代表にも選出され、2010年の南アフリカW杯メンバーに選出された。2014年にはタイのBECテロ・サーサナに新天地を求め、翌2015年にはJ2岡山入り。岡山では2016年のプレーオフ決勝に導いた。今季から在籍する東京ユナイテッドFCでは、選手兼コーチを務める。