現地時間7月16日、ミランはラツィオからアルゼンチン代表MFのルーカス・ビグリアを獲得したことを発表した。
 
 契約は2020年6月までの3年。『スカイ・イタリア』によると、年俸は350万ユーロ(約4億4800万円)、移籍金は1700万ユーロ(約21億7600万円)+ボーナス300万ユーロ(約3億8400万円)だという。
 
 現在31歳のビグリアは、2004年にアルヘンティノスでプロデビュー。インデペンディエンテ、アンデルレヒトを経て、13年にラツィオへ移籍。すぐにセントラルMFの主力に定着し、15-16シーズンからはキャプテンにも指名され、4年間で公式戦通算127試合・16得点の成績を残した。
 
 アルゼンチン代表のレギュラーにも定着したビグリアは、展開力、守備力、そして統率力を備えた今やセリエA屈指のレジスタで、ミランは今夏のトップターゲットに挙げた。選手サイドとは早めに合意したものの、ラツィオとの金銭交渉が長引いて一時は破談も噂されたが、本人のロッソネーロ行きの意思が固いこともあり、最終的には合意した。
 
 今年4月に中国資本となったミランは、ここまで空前の超大型補強を展開中。ビグリアはDFマテオ・ムサッキオ(←ビジャレアル)、DFリカルド・ロドリゲス(←ウォルフスブルク)、MFフランク・ケシエ(←アタランタ)、FWアンドレ・シルバ(←ポルト)、FWファビオ・ボリーニ(←サンダーランドから)、MFハカン・チャルハノール(←レバークーゼンから)、DFアンドレア・コンティ(←アタランタ)、GKアントニオ・ドンナルンマ(←アストラス)、DFレオナルド・ボヌッチ(←ユベントス)に続く10人目の補強となる。
 
 ビグリアを加えた中盤は、マヌエル・ロカテッリにユベントスから触手が伸びる一方、レナト・サンチェス獲得に関してバイエルンと交渉中で、まだ動きがあるかもしれない。

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ