7月19日、U-23アジア選手権予選が開幕した。東京五輪を見据えて大会規定より2歳年少となるU-20世代のチームで参戦している日本は、初戦でフィリピンと対戦。8-0の大差で圧勝を収め、白星スタートとなった。


 この試合、日本のスターティングメンバーは代表経験の浅い選手たちが多くを占める形となった。今大会は中1日の3連戦というハードスケジュールとなるため、セオリー通りにいくならば、「Aチーム→Bチーム→Aチーム」という形でターンオーバーしたいところ。ただ、対戦順はグループ最弱と見込まれるフィリピンが初戦の相手で、「恐らく最強」(内山監督)という中国が最終戦、難しい試合になることが確実の開催国カンボジアとの試合が第2戦という流れである。

「初代表という選手ばかりで、いきなり完全にアウェーの試合となると難しい」(内山監督)のは当然で、第2戦にBチームへターンオーバーという策は使えない。そこで内山監督が描いた3試合のイメージは恐らく「B+Aチーム→A´チーム→Aチーム」という流れだと思われる。

 つまり、最も力が劣ると観られるフィリピンとの初戦には、DF藤谷壮(神戸)、MF原輝綺(新潟)、三好康児(川崎)のようなU-20ワールドカップ先発クラスの選手を少し混ぜた形でスタート。開催国相手で難しくなりそうな第2戦では準ベストのような布陣を組みつつ、最後の中国戦には2試合トータルを踏まえた完全なベスト布陣を組むというものである。2位になった場合は他グループとの得失点差勝負になるレギュレーションのため、できればフィリピン相手に得失点差も稼ぎたいというジレンマもあるのだが、ここはあえて初代表の選手も覚悟をもって送り出す形となった。

 ここでフィリピン相手に経験のない選手たちがやらかしてしまうようだと内山プランは絵に描いた餅になるところだったが、幸いにもニューフェイスたちはたくましかった。

「緊張はまったくしなかった。『やってやろう』という気持ちのほうが大きかった」(FW小松蓮/産業能率大)


 小松のように、この代表に出るのは初めてでも、一つ下のU-19日本代表で臨んだトゥーロン国際大会を経験している選手が多かったのもポジティブな要素だった。ピッチで君が代を聴く経験を一度しているだけでも違うもの。代表戦独特のプレッシャーを跳ね返したチームは、いくら経験が浅いと言ってもフィリピンとの間にある実力差は大きい。開始10分でこのメンバーで最も国際経験が豊富な三好がゴールネットを揺らすと、そのままゴールラッシュとなった。

 大会直前に行なわれたユニバーシアード日本代表との練習試合でもゴールを決めて自信を付けていた小松は前後半合わせて4得点の大暴れ。その試合で戦術的に機能していなかったMF森島司(広島)も、この日は外で張って受ける形を作りながら、機を見て中に入る動き出しが冴えており、前半からほとんどの得点に絡む見事な仕事ぶりを見せた。力の差があるとはいえ、5バックで守りを固める相手にゴールを重ねるのは中央からの力攻めだけでは難しい。効果的にサイドを起点にしながら攻めたからこその成果だった。

 日本は終盤に交代出場したFW中坂勇哉(神戸)が小気味良くボールを引き出して攻撃に絡んで点も決めるなど、初代表組が躍動。経験の浅い選手たちが大量8得点を記録する形でしっかり結果を残し、第2戦に先発する選手たちへバトンを渡すこととなった。

取材・文:川端暁彦(フリーライター)