世界のスーパースター、クリスチアーノ・ロナウド(レアル・マドリー/ポルトガル代表)を虜にした恋人ジョージナ・ロドリゲスの存在が再びクローズアップされている。
 
 ジョージナには数か月前から妊娠説が浮上。そんな中でC・ロナウドが現地時間7月18日のスペイン紙『エル・モンド』の取材の中で、「子供がもう一人生まれるようだが満足?」と問われると、「そうだね。僕はいま起こっていることを幸せに思うよ」と答え、恋人の妊娠を初めて認めたのだ。
 
 C・ロナウドは2010年に長男クリスチアーノ・ロナウド・ジュニア、そして今年6月に双子のマテオ君とエバちゃんと、これまで3人の子供を授かっている。しかし、いずれも母親は非公表で、すべて代理出産との噂も絶えない。しかし、ジョージナさんのお腹に宿る4人目に関しては、初めて母親が誰かを認めた格好となった。
 
 ロシア出身の世界的スーパーモデルであるイリーナ・シェイクをはじめこれまで数々の浮名を流してきたC・ロナウドが、ジョージナと出会ったのは昨年9月。マドリードで開催された『ドルチェ&ガッバーナ』のパーティーだった。すぐに交際に発展し、今年1月のFIFA表彰式で初めて公式に“彼女”としてお披露目されていた。
 
 ジョージナは、スペイン出身で現在22歳。元々はダンサーだが、ロンドンで英語を学び、スペインに戻って以降はモデルをしながら『グッチ』のショップ店員をしていたファッショニスタだ。
 
 しかし、C・ロナウドとの交際が発覚して以降はパパラッチやファンが店に殺到したため離職。スペイン紙『アス』によると、5月末にはモデル事務所と正式契約し、7月21日発売のスペイン誌『Woman』最新号では表紙を飾り、インタビューも掲載されているという。
 
 C・ロナウドが初めて「自分の子供の母親」と認めたジョージナ。最近、インスタグラムでウェディングドレスブランド『プロノビアス』のアカウントをフォローしたことで、結婚説も出ているだけに、これからさらに注目の的となりそうだ。

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち