小野伸二が「巧い」と言うのだから、間違いないだろう。
 
「本当に足下は巧いですよ。たしかに小柄なんだけど、あの速さがあれば、そう簡単に(敵DFも)当たれないと思う。チームに溶け込むのも早かったし、楽しみですよ」
 
 レジェンドがそう太鼓判を押すのが、6月21日からコンサドーレ札幌の練習に合流しているタイ代表MF、チャナティップ・ソングラシンだ。身長158センチ・体重56キロの23歳。華奢な体格と幼い顔立ちもあいまって、間近で見ると、十代半ばの青年かと錯覚してしまうほどあどけない。
 
 だが、ひとたびピッチに立つとなかなかスケールが大きい。フォーメーション練習では随所で自慢の技巧を披露。重心の低いドリブルから裏へのスルーパスを送れば、鋭いカットインから左足で豪快弾をお見舞いするなど、惚れ惚れするような切れを見せた。負傷明けのため、この日が13か月ぶりの全体練習合流となった稲本潤一も、初めてセッションしたチャナティップを「見ての通りの巧さ。J1でもぜんぜんやれると思う」と評する。
 
 これまでも幾人かの東南アジア出身選手が、Jリーグの壁に挑んだ。だがいずれも確かな爪痕は残せず、ある者は言葉や文化の違いに苦しみ、ある者はサッカースタイルに適応できず、母国への帰還を余儀なくされた。だが、このチャナティップにそんな心配はいらない。 “タイのメッシ”の異名は伊達ではなく、娯楽性に富んだプレーで観る者を楽しませ、イメージを一変させるはずだ。
 
 まず、日本のファンにどんなプレーを観てもらいたいか。手を合わせて挨拶してくれた“小さな巨人”に訊いてみた。
 
「自分がタイでやってきたプレーそのままです。僕は攻撃の選手。スピードに乗った積極的なドリブルであったり、ゴールに繋がるラストパスであったり、得点に関わるすべてのプレーに注目してください」
 
 入団が発表されたのは今年の1月だ。コンサドーレとしてはすぐに引き込みたかっただろうが、正式入団は夏に持ち越された。タイ代表でのワールドカップ最終予選と前所属・ムアントンでのアジアチャンピオンズ・リーグ出場を優先したためだ。日本代表や鹿島アントラーズ、川崎フロンターレと対戦することとなり、奇しくも日本のファンにはすっかり馴染みのアタッカーとなった(それらの試合でも十分に存在を示していた)。
 
 今回の来日に合わせて、タイから取材グループが同行している。国内屈指の強豪ムアントンを傘下に持つ『サイアム・スポーツ・グループ』のTVクルーだ。ディレクターのタナパット・ククタパンさんが、普段のチャナティップの様子を教えてくれた。
 
「もともと彼は日本が大好きで、Jリーグでプレーするのを心の底から楽しみにしていた。でも1か月前に来日した直後は、正直言ってあまり元気がなくて、少し先行きが不安だった。ストレスを感じていたのかもしれない。でも、すぐに克服できたようだ。コンサドーレの選手たちやファンが温かく迎えてくれたからで、『本当にいいチームに来れた』と喜んでいるよ。チャナティップは国民的英雄であって、僕たちの誇り。タイのすべてのサッカーファンが信じている。かならずJリーグに名を残す選手になるとね」
 
 仕掛け人である野々村芳和社長も、特大の期待を寄せているひとりだ。
 
「むっちゃ巧いんでね。あんな感じのセンスある選手は、最近の日本人にもいないんじゃないかな。とにかく速くて、ドリブルで仕掛けるんだけど、シンプルにも行ける。パスもセンスがあるしね。コンタクトプレーになったらさすがに厳しいのかもしれないけど、あれでボールを奪うのがすごく巧かったりする。けっこうやれるんじゃないかな」
 
 ではチャナティップ自身、チーム練習に合流する前と来た後とで、日本サッカーに対する印象に変化はあったのだろうか。
 
「日本代表やJクラブと戦い、テクニカルで組織的なサッカーを体感した。日本のサッカーの強みなのでしょうね。そして自分が実際にコンサドーレでプレーしてみて、いま強く感じているのが、しっかり規律を守るという部分です。勝利のためにすべての選手が自分のやるべきことをきっちりやり切り、自己犠牲を厭わない一体感がものすごくある。素晴らしいと思います」
 
 日本の文化や風土については?
 
「その規律を守る、というところは、日本の文化そのものなのではないでしょうか。街を歩いていてもすごくクリーンだし、日本人の国民性が出ていると思います。そして、サポーターの方々がとても優しい。マナーもすごく良いし、僕はプレーに100%集中できます。そういったサポーターの想いに応えるためにも、質の高いプレーを届けたいです」
 
 現行システムの3−5−2にはめ込むとすれば、2シャドーの一角が現実的なポジションとなるか。クラブスタッフに訊くと、同じく今夏の新加入選手で元ジュビロ磐田の長身FW、ジェイとの相性が抜群に良いそうだ。残留争いの渦中にあるチームを救う、前線の「凸凹コンビ」となるかもしれない。
 
 コンサドーレはチャナティップを含めた特別編成メンバーを組み、木曜夜からタイに遠征中だ。土曜日にはムアントンとの親善試合が予定されており、1万5000枚ほどのチケットはすでに完売しているという。チャナティップは異国での生活からいったん離れ、母国で十二分に英気を養えたはずだ。
 
 そして札幌に戻れば、いよいよ待ちに待ったJデビューだ。チームとチャナティップが想定するXデーは、7月29日のJ1・19節、札幌ドームでの浦和レッズ戦。こちらもチケットの売れ行きが好調だという。
 
 はたしてスタメンか、スーパーサブか。いずれにせよ、観衆のド肝を抜くビッグプレーで、J1に新風を吹き込んでもらいたい。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)