≪注目コメント≫
「老人ホームに入るわけじゃない」
発言者:ウェイン・ルーニー(エバートン/イングランド代表)

 ジョゼ・モウリーニョ体制下で出場機会が減り、13シーズンを過ごしたマンチェスター・ユナイテッドから愛着ある古巣へと復帰したルーニー。一部では「都落ち」、「終わった選手」などと心無い声が挙がっているが、大きな決断を下した31歳は独特な表現で健在を主張した。エバートンとの契約は2年。もう一花も二花も咲かせる意気込みだ。


≪ルーニーに捧げる“金言”≫
「味わった苦しみは必ず本当の力に変わる」
発言者:オリバー・カーン(解説者/元ドイツ代表)

 サッカー史にその名を刻む伝説のGKが、ドイツ代表で控えに甘んじていた頃を振り返ったときの一言だ。何事にも屈しない鉄の精神力で数々の苦難を乗り越えてきた名手のこの言葉を、マンチェスター・U晩年期に同様の思いを味わったルーニーに捧げたい。

文:遠藤孝輔

※ワールドサッカーダイジェスト2017.08.03号より加筆・修正