[明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017]鹿島2−0セビージャ/7月22日/カシマ
 
 0−2で敗れた親善試合の鹿島戦後、セビージャのエドゥアルド・ベリッソ監督がフラッシュインタビューに応じた。
 
 指揮官は試合の感想を聞かれ、「前半は非常に良かったが、後半に鹿島が効率よく攻撃するようになり、チャンスをものにした」とコメント。また、鹿島の印象については「ハードな戦いをするチーム。前半は我々がボールを持ってチャンスを作ることができたが、その後は彼らに流れが移った」と昨シーズンのJリーグチャンピオンを称賛した。
 
 試合は前半を0−0で折り返し、後半に鹿島の鈴木優磨が2ゴールを挙げて勝利に導いている。