[明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017]鹿島2−0セビージャ/7月22日/カシマ
 
 ヨーロッパリーグ3連覇の強豪セビージャが、プレシーズンマッチとはいえ、鹿島アントラーズに苦杯を舐めた。セビージャの地元紙『estadiodeportivo』は驚きと皮肉を込めて、0−2で敗れたゲーム内容を速報した。
 
「言うなれば“モーニングコール”だ。セビージャは目が覚めただろう。何度かあったビッグチャンスを決め切れず、一方で守備陣も不甲斐なく、4回のピンチで2失点を許した。クラブワールドカップ決勝で、レアル・マドリーを追い詰めた相手だということを忘れていたのではないか。序盤はカシマの素晴らしいハイプレッシャーの前に自由を奪われ、3本とパスを繋がせてもらえなかったのだから」
 
 それでも前半のゲームを支配していたのは明らかにセビージャだった。「守護神のダビド・ソリアがボールにタッチすることはほとんどなく、ガンソやエネル・バネガ、ギド・ピサーロが中盤を支配した」としたが、「それでもカシマの組織立った堅陣をなかなか破れず、好機では(GKの)ヒトシ・ソガハタの高い集中力に阻まれた」と記した。
 
 後半のセビージャは矢継ぎ早に選手を投入し、7つの交代枠をすべて使い切った。「いいテストにはなったが攻守に噛み合わなくなり、カシマの攻勢を許す展開となった」とし、72分の失点シーンを描写。「まさに目も当てられない破綻ぶり。ヒロキ・アベに中央を切り裂かれ、ユウマ・スズキに難なく蹴り込まれた。この時間帯、とりわけ酷かったのが中盤センターのステベン・エヌゾンジ。彼はいったいどこにいたのだろう?」と書き綴った。
 
 セビージャは85分にベン・イェデルが決定打を放つもGK曽ケ端準に再び阻まれ、逆にアディショナルタイム、CKから鈴木優磨に頭で2点目を決められ、万事休す。同紙は「キックオフからの60分間でゲームを決め切れなかった。目を覚まさないセビージャに、カシマが天罰を与えたのだ」と辛口の評価を下した。8月中旬のチャンピオンズ・リーグ予選プレーオフを控えるチームに、発破をかけた格好だ。