以前からずっと、話を聞きたかった選手がいた。名前は井手口正昭。Jリーガーだったが、決して万人が知る選手ではなかった。香港やベトナムでのプレー経験を持ち、日本代表の井手口陽介の兄でもある。
 
 彼の笑顔と人懐っこさに魅せられ、彼のアジアでの動向は常に気にしていた。そんな7月のある日、突然彼から“所属クラブを解雇された”という悲題を伴った連絡をもらった。ならば、「そのアジアでのアレコレをぜひ聞かせてほしい」と、今回のインタビューと相成ったのである。
 
――◆――◆――

 
―――やっぱり聞かずにはいられない質問から。兄弟でサッカー選手、しかも弟は日本サッカー界期待のホープのひとり。比較されたり、よく弟の話を聞かれるのでは?
 
「確かによく聞かれます(笑)。でも素直に弟の成長は嬉しいですし、どんどん活躍してほしいと願っています。陽介とは8歳違い、幼少期はすごく可愛いがっていましたよ。そのまま歳がスライドしただけで、今でも気持ちは変わらないというか(笑)」
 
―――ご出身は福岡ですよね?
 
「はい、福岡空港に程近い場所で育ちました。私が大学進学と同時に上阪し、その後に陽介が中学進学のタイミングで母と一緒に来て、今では父も大阪に住んでいます」
 
―――そして陽介さんはガンバ大阪のアカデミーでメキメキと頭角を現わしたのですね。
 
「ガンバ大阪はジュニアユースからお世話になっています。小学校までは福岡にいて、アビスパ福岡のスクールに通っていたんです。私が大阪にいたこと、またガンバ大阪のアカデミーの好評判も知って、もっと高いレベルでやらせたい、越境して懸けてみようと母は思ったんだと思いますよ。母は気持ちが強く、嗅覚が凄いんです。陽介には才能を感じたのでしょうね(笑)」
 
―――家族皆で集まったり、兄弟でサッカーの話をしたりはするんですか?
 
「全員で集まれることは少ないですね。兄弟同士で連絡は取り合いますが『代表どうだった? 本田や香川と話した?』的なミーハーな質問くらいで、深いサッカーの話はほとんどしないです。最近は近況も含め“母経由”で情報を共有する家族になっています(笑)」
―――ではご自身について聞かせてください。大学卒業後に横浜FCでプロデビュー。その後、姉妹チームの横浜FC香港でもプレーされています。
 
「私がプロ3年目、横浜FCが香港で活動をスタートするタイミングで声を掛けていただき、半シーズン+半シーズンの延べ1年間、香港でお世話になりました。初めての海外生活、当初は不安だらけでしたが、場所柄多くの日本人の方々に助けていただいて、海外でやっていく自信が付き、以後海外でのプレーを続けたいと思うようになったきっかけの場所が香港です。日本より物価が高かったり、普段の生活の中で多種多様な人種と接したりと、思考の幅が広がった時期です」
 
―――その後一度、横浜FCへ戻った後にベトナムのクラブへ完全移籍されました。1年半プレーされた“ベトナムリーグ”は如何でしたか?
 
「外国人枠がふたつしかないので、助っ人への要求がすごく高いと感じました。なので、どこのチームも攻撃的ポジションに“デカくて速い”アフリカ人選手を置いて、ディフェンスラインからFWへフィードするオールドスタイルのチームが多いリーグです」
 
―――この夏、所属チームから契約解除された要因を、どのように分析されていますか?
 
「開幕からスタメンで出ていた中での3連敗、私は守備面で期待されていた助っ人ですからね、チームの結果が出せなければ一番に切られますよね」
 
―――その在籍されていたホアンアイン・ザライFC(以下、HAGL)について聞かせてください。
 
「ベトナム中部ザライ省の省都・プレイクという街にあり、トップチームの平均年齢が21〜22歳と“若手育成”に重きを置く、アカデミーに力を入れたクラブです。彼らは幼少期からフランス人指導者に技術やボール保持を継続的に指導されているので、ベトナムでは珍しいポゼッションサッカーに慣れているんです。私個人としてはすごくプレーしやすく、馴染みやすかったとも思います」
 
―――チームメイトとのコミュニケーションはベトナム語ですか?
 
「片言のベトナム語と片言の英語です。彼らは幼少期から毎日、練習や食事が終わった後に英語の授業を受けているので、日常会話程度なら皆話せるんです」
―――ベトナムでの生活はどうですか?
 
「住んでいたところが田舎街で、日本人も私以外いなかったと思います。飛行機でハノイから1時間15分、ホーチミンからだと45分ほどの距離感です。1部リーグには14クラブが所属しているので、13回は他の街へ遠征に行きましたが、1、2を争うド田舎な街ですよ。街は22時頃には真っ暗になります。ただコーヒー店だけはいっぱいありましたね。住まいはHAGLの寮で、その寮のご飯が合わなかった(苦笑)。寮から街が10キロぐらい離れているんですが、クラブバスが(街まで)週3回送迎してくれるんです(街には2〜3時間滞在)。それにチームメイトと乗っては食事へ行ったりカフェへ行ったり。3連休がもらえればホーチミンへ遊びに行ったことも何度かありました」
 
―――普段の楽しみって何でしたか?
 
「アウェー遠征ですかね。もちろん、戦いに行っているので気持ちは切らさずにですが、遠征は“前々泊&後泊”なので、チームメイトは、それぞれの街に住む友人と連絡を取って食事に行ったりしていましたよ。門限など緩かったので(笑)」
 
―――HAGLにはベトナム代表選手が多く在籍していますが、遠征先での外出、パパラッチの標的にされることもあったのでは?
 
「うーん、それはあんまり。ただひとり、コン・フォン(ベトナム代表の若きスター/昨季までJ2水戸に在籍)だけは、どこへ行っても気が付かれていましたけど」
 
―――気になる“ベトナムリーガーのサラリー体系”はどんなものなのでしょうか?
 
「HAGLに限って言えば、ローカル選手は月の基本給が約8万円くらいでした。でも勝てば10万円の勝利給がもらえるんです。コン・フォンやトゥアン・アイン辺りの代表選手でも同じ水準みたいです。ただ彼らは他にCM出演などの副収入は多いですけどね。外国人選手はもうちょっと色を付けてもらっていました」
 
―――この夏、タイのチームでトライアルを受けたとか?
 
「はい。契約寸前まで行ったんですが。難しいですよね、アジアって(苦笑)」
 
―――今後は? また海外でのプレーを続けたいのでしょうか?
 
「やりたいですねー、やっぱりアジアで。特にベトナムでリベンジしたいです」
 
――◆――◆――
 
 近い将来、弟・陽介が海外クラブから声を掛けられるであろうことは想像に容易いのだが、海外経験を持つ兄が傍にいることは心強いだろう。兄は海外生活の相談を受ければ、あの相手を安心させる笑顔で、可愛い弟へアドバイスを送るに違いない。
 
 そして彼自身は今、アジアでのリベンジを果たすため、家族がいる大阪でトレーニングを続けている。近くで頑張る弟から刺激をもらいながら。
 
取材・文:佐々木裕介