夏のチャンピオン決定戦──。今年のインターハイ(高校総体)は、杜の都・仙台が舞台だ。全国各地の厳しい予選を勝ち抜いた55の代表校が一堂に会し、7月29日の1回戦を皮切りに決勝の8月4日まで、熱闘を繰り広げられる。
 
 ここでは、高校サッカーダイジェスト編集部が厳選した大会注目の必見タレントを紹介する。まず今日お届けするのは、【FW編】の15選手だ。

【PHOTO】宮城インターハイを彩る必見タレント〜FW編

File 1
安藤瑞季 
Mizuki ANDO
長崎総科大附(長崎)/3年
171cm・64kg
U-20日本代表
ゴールを奪うために誰よりも戦い、走り、泥に塗れる。そして強敵から幾度も価値あるゴールを決めてきた。小嶺監督の下で成長を遂げたU−20代表の愚直なまでの突進は必見。
 
File 2
佐藤颯汰 
Sota SATO
日章学園(宮崎)/3年
172cm・62kg
U−16代表歴を持つMFが、FWにコンバートされて覚醒。スピードを活かしたドリブルで勝負し、技巧的なシュートでゴールを奪い去る。九州大会決勝では東福岡から2得点。
 
File 3
富岡大智 
Daichi TOMIOKA
鹿島学園(茨城)/3年
179cm・72kg
父は柔道家で、自身も中学まで「サッカーのために」柔道をしていた変わり種。強靭な身体を活かしたポストプレーや豪快な突破が魅力で、エースの橋口と好連携を構築する。
 
File 4
坪井清志郎 
Seishiro TSUBOI
富山一(富山)/3年
172cm・64kg
プリンスリーグ北信越で驚異のゴールラッシュを見せてい る“トミイチ”の絶対エース。 左右両足から放つ強烈なシュート、堅実なポストワーク、さらには視野の広さが売りだ。
 
File 5
鎌田 蓮
Ren KAMATA
中京大中京(愛知)/3年
180cm・70kg
屈強な体躯を活かしたプレーで前線の基準点となる。新人戦決勝での決勝点に続き、愛知予選でも貴重なゴールを連発。負傷離脱したFW本山の穴を見事に埋めてみせた。


 

File 6
新井 光
Hikaru ARAI
市立長野(長野)/3年
湘南ベルマーレ入団内定
174cm・58kg
ファーストタッチ後の一歩目が速いうえ、突破にパス、攻守の切り替えと、あらゆる動作のテンポが良い。入団内定の湘南ではすでに特別指定選手として、球際と判断力を強化。
 
File 7
中村駿太
Shunta NAKAMURA
青森山田(青森)/3年
172cm・70kg
U-18日本代表
今春に一大決心して柏U−18から北の名門に転籍し、新エースの座についた。ゴール前での駆け引きの巧さ、フィニッシュ精度の高さ、さらには図抜けた機動性能を兼備する。
 
File 8
柏木 純
Jun KASHIWAGI
日大藤沢(神奈川)/3年
177cm・65kg
ギブソン・マーロンらとの激しい定位置争いのなかで結果を残し、信頼を勝ち取った本格派。巧みにボールを引き出してから迫力満点の仕掛けを見せ、相手ゴールを強襲する。
 
File 9
久住玲以
Rei KUSUMI
日本文理(新潟)/3年
174cm・73kg
オフ・ザ・ボールの動きに改善の余地があるが、ボールを持った時のパフォーマンスは圧巻だ。鋭いターンからアイデアに満ちた仕掛けに持ち込み、独力で相手守備陣を崩す。
 
File 10
西川佳汰
Keita NISHIKAWA
初芝橋本(和歌山)/3年
173cm・62kg
叔父の阪中監督が率いる初芝橋本での挑戦を始めて3年目。「チームを勝たせられる選手 になる」と誓ったアタッカーは、ワイドから仕掛け、ゴールに迫れば鋭い一撃を見舞う。
 

File 11
高橋大悟
Daigo TAKAHASHI
神村学園(鹿児島)/3年
163cm・52kg
U-18日本代表
1年時から注目されてきたレフティーがついに全国初登場。高精度のキック、一瞬でDF を振り切る速さ、驚異的な決定力と、長所は数多い。東京五輪出場を目標にする大器だ。
 
File 12
飯島 陸
Riku IIJIMA
前橋育英(群馬)/3年
166cm・60kg
昨年からタイガー軍団のエースを担う技巧派。日本高校選抜の欧州遠征で「自信を持てた」というドリブルで果敢に仕掛け、連携からのシュートで相手ゴールを豪快に射抜く。
 
File 13
?木慎也
Shinya TAKAGI
四国学院大香川西(香川)/3年
175cm・65kg
G大阪のFW?木彰人の実弟だ。以前までの華奢な印象は消え、個で打開してシュートを決める力強さを身につけている。大怪我を負った僚友・本田の分まで暴れ回る覚悟だ。
 
File 14
篠原友哉
Tomoya SHINOHARA
関東一(東京)/3年
176cm・71kg
今春にボランチから前線に配置転換され、持ち前の攻撃性能を存分に発揮。都予選では勝負所で決定的な仕事をこなし、決勝では2ゴールと気を吐いた。飛ぶ鳥を落とす勢い。
 
File 15
村上悠緋
Yuhi MURAKAMI
北海道大谷室蘭(北海道)/2年
177cm・69kg
北の名門の10番を背負う2年生は、しなやかな動きが印象的。全国出場を懸けた道予選準決勝では、延長後半に鮮やかなターンで抜け出し、劇的な決勝ゴールを奪ってみせた。

【PHOTO】宮城インターハイを彩る必見タレント〜FW編