現地時間7月22日、ASローマはマンチェスター・シティからセルビア代表DFのアレクサンダル・コラロフを獲得したことを発表した。契約期間は3年で、イタリアの複数メディアによれば、移籍金は500万ユーロ(約6億4000万円)と見られている。
 
 2007年から2010年まで同じく首都に本拠を置くラツィオでプレーしたコラロフが、ジャッロロッソ(黄赤の意。ASローマの愛称)のユニホームに袖を通すということもよりも、この移籍において話題となっているのは、その発表方法だ。
 
 公式ツイッターで「コラロフが加入する」とつぶやいたローマは、さらにある動画を投稿した。そのなかで若い男が「我々は君を迎えるためにすごい動画を作りたいと考えている。筋書きを手早く言うからよく聞いてくれ」とコラロフに向かって次のような提案をしている。
 
「まずホテルから君を2人の俳優が誘拐する。1人はピエロのマスクを被ってもう1人は女性みたいな格好をしている。そしてエレベーターが開いたとき、ラジャ・ナインゴランが持っているハンドスピナーを誘拐犯に忍者のように投げ付けるんだけど、一人にAK-47(自動小銃)で撃たれて死んでしまうんだ。
 
 そして君はホテルから連れ出され、透明な車に押し込められる。そこからは狂気のカーチェイスでヘリコプターもやってくる。だけど、君の乗る車はルイス・ハミルトンの車と衝突。君は警察のヘリコプターに何とか救助されるんだけど、パイロットの首から血が出ているのに気づく。そいつはマスクを取ると、何とラジャが殺したはずの誘拐犯なんだ。
 
 君はそいつをやっつけてパラシュートを奪うと外に飛び出す。しかし、地球温暖化の影響で発生したトルネードに巻き込まれてモロッコに飛ばされてしまう。君はヤギだらけの木に不時着するんだ。こんな感じでどうだい?」
 
 この全く訳の分からないシナリオにコラロフは、眉をひそめながら「ノーだ」と一言だけ言い放ってその場を立ち去ってしまう……というところで動画は終了する。
 
 これまでも人気サッカーゲーム『FIFA17』を取り入れたものなど、ユニークな新加入選手紹介を行なってきたローマだが、今回のコラロフの移籍発表動画は混乱を招いたようだ。「とても面白い」と称賛するファンの一方で、次のような感想も目立った。
 
「ローマのファンだけど一体これは何?」
 
「ピエロ+ヤギ=謎」
 
「壮大すぎるビデオだ」
 
「コラロフは来ないの? 来るの?」
 
「この発表の仕方は面白いかな?」
 
 ファンの反応がそうであるように、一見するとコラロフの移籍すらも疑ってしまうような動画だが、ローマはその後、クラブの公式サイトで正式にセルビア代表DFの加入を歓迎している。
 
 ウィットに富んだ企画ではあるものの、今回は少しやりすぎた感も否めないローマの新加入選手発表動画。はたして、今後も続いていくのだろうか?

【2017年欧州夏のメルカート】新天地を求めた主な選手まとめ