夏のチャンピオン決定戦──。今年のインターハイ(高校総体)は、杜の都・仙台が舞台だ。全国各地の厳しい予選を勝ち抜いた55の代表校が一堂に会し、7月29日の1回戦を皮切りに決勝の8月4日まで、熱闘を繰り広げられる。
 
 高校サッカーダイジェスト編集部が厳選する大会注目の必見タレント。今日は【DF&GK編】の15選手を紹介しよう。

【PHOTO】宮城インターハイを彩る必見タレント〜DF&GK編
 
File 1
杉山弾斗
Danto SUGIYAMA
市立船橋(千葉)/3年
175cm・68kg
U-20日本代表
ジェフ千葉入団内定
「調子のバロメーターは攻撃参加の数」と言い切る超攻撃的なSB。1年時のインターハイでブレイクし、前回大会は優勝に貢献。今季はキャプテンとして3度目の夏に挑む。
 
File 2
緑川光希
Koki MIDORIKAWA
昌平(埼玉)/3年
174cm・68kg
小柄ながら、GKとしての実力は今大会屈指で、藤島監督が「練習でシュートが入らない」と舌を巻くほどのセービングが魅力だ。J2京都の守護神、菅野孝憲を目標とする。
 
File 3
竹中響哉
Hibiki TAKENAKA
立正大淞南(島根)/3年
182cm・68kg
スピード豊かな大型CBは、フランス代表のヴァランヌを「自分と似ている」と大胆に比較する。エアバトルにも自信を持ち、地上でも空中でも相手の攻撃を跳ね返し続ける。
 
File 4
敷田 唯
Yui SHIKITA
星稜(石川)/3年
172cm・67kg
18連覇が懸かった選手権予選決勝はピッチ上で涙を呑んだ。「なにもできなかった」悔しさをバネにメンタル面でひと回り成長。いまや代えの利かないディフェンスリーダーだ。
 
File 5
宮本一郎
Ichiro MIYAMOTO
東海大仰星(大阪)/3年
184cm・78kg
がっしりした体躯で相手に威圧感を与え、ミスの少ないセーブで存在感を示す仰星の正守護神。選手権ベスト4入りを「強烈な記憶」と語り、今大会では、その先を見据える。


File 6
阿部海大
Kaito ABE
東福岡(福岡)/3年
184cm・72kg
U-20日本代表
今年はU−20代表、日本高校選抜に選ばれ、デュッセルドルフ国際ではベストDF賞を受賞。世代屈指の守備者は、「海外でも対人は通用すると分かった」と、自信を深める。
 
File 7
関川郁万
Ikuma SEKIKAWA
流経大柏(千葉)/2年
180cm・72kg
U-17日本代表
1年生ながら「ひとりで守って点も取る」と豪語していた前回大会は、負傷を押しての強行出場を果たし、準優勝に貢献。優秀選手に選ばれた。高さと強さを備えた有望株だ。
 
File 8
北村海チディ
Chidei Kai KITAMURA
関東一(東京)/2年
174cm・65kg
選手権開幕戦で途中出場ながらも奮迅の働きを見せ、脚光を浴びた。「あれ以上のプレーをしたい」と意気込んだ今予選も好調。準決勝では驚異的な跳躍でピンチを阻止した。
 
File 9
山口竜弥
Tatsuya YAMAGUCHI
東海大相模(神奈川)/3年
172cm・71kg
東海大相模の神奈川県初制覇に貢献した左サイドの門番。「1対1で絶対に勝つ選手」を目標に掲げ、数的不利の状況でも相手をなぎ倒すように突進し、チャンスを創出する。
 
File 10
土屋ヒロユキ
Hiroyuki TSUCHIYA
近江(滋賀)/2年
180cm・73kg
中学時代から「無名です」と本人は笑うが、いまでは多くの注目を集めるGKに台頭。予選では滋賀3強の野洲、草津東、綾羽の猛攻を封じ込め、新興校を県初制覇へと導いた。
 
 

File 11
松田 陸
Riku MATSUDA
前橋育英(群馬)/3年
176cm・66kg
U-18日本代表
U−18代表に名を連ねるCB。上背はそれほどないが、抜群のジャンプ力とスピードで相 手を封じる。「絶対に忘れない」という選手権決勝敗退の雪辱を果たすべく、闘志を燃やす。
 
File 12
嶋中春児
Shunji SHIMANAKA
長崎総科大附(長崎)/3年
175cm・67kg
まさに“モンスター”。九州新人大会では東福岡の福田、神村学園の高橋という世代屈指のアタッカーを完封。「ヘディングは絶対に負けたくない」と、強いこだわりを持つ.
 
File 13
長谷川凌
Ryo HASEGAWA
市立船橋(千葉)/3年
190cm・82kg
ハイボールへの対応力、勝負強さ、さらには図太い精神力を兼備する長身GK。プロ入りを期待される守護神は、春先のスタメン落ちを乗り越えてさらに逞しく成長を遂げた。
 
File 14
尾前祥奈
Shona OMAE
実践学園(東京)/3年
173cm・66kg
「心で勝負する」のスローガンを掲げるチームの精神的支柱だ。元々はウイングバックが本職だが、冬にコンバートされたCBで本領を発揮し、最終ラインに不可欠な存在に。
 
File 15
吉田伸弘
Nobuhiro YOSHIDA
阪南大高(大阪)/3年
175cm・65kg
昨年からの守備の軸で、今年はキャプテンを務める大黒柱だ。一瞬たりとも気を抜けないプレミアリーグで、持ち前のカバーリングやラインコントロールに磨きをかけている。

【PHOTO】宮城インターハイを彩る必見タレント〜DF&GK編