昨季限りでミランとの契約が満了し、去就が注目されていた本田の新天地が、メキシコのパチューカに決まったね。

 約3年半を過ごしたイタリアでは、正直、成功を収めたとは言い難かった。過去を振り返っても、日本人アタッカーが欧州のビッグクラブで主力級の活躍をしたケースはほとんどないけど、本田も例外ではなかったというわけだ。

 その後に辿る道もまた同じで、どうしても次の移籍先の格は落ちてしまうもの。たしかにパチューカはメキシコ屈指の名門で、前日本代表監督のアギーレが指揮を執ったことでも有名だ。だけど、ミランと比べれば、マイナーと言われてもしょうがない。
 
 日本国内では、新たな挑戦を好意的に捉える報道もあるようだけど、世界基準で値をつけるとしたら、選手としてのバリューは下がったのではないかな。

 本田にとって今回の移籍は、ひと言で表わすなら「リセット」だ。ある意味、名古屋からオランダのVVVに移った時と同じかもしれない。海外を舞台にどれだけ戦えるか。そういう視点で考えれば、一からの出直しだよね。

 それだけに、いたずらに騒がないで、静かに見守っていればいいんだ。もはや彼はスーパースターでもなんでもない。前所属での活躍が認められての移籍ではないけど、それを恥じる必要もない。

 現地でどれだけ注目や期待をされているかは分からない。でも、そもそも、まだ試合にも出ていないんだ。万が一、パチューカでもミランの時と同じような処遇だったら、厳しい言い方になるけど、そこまでの選手だったということ。年齢的にも巻き返すのは難しいだろうね。

 それぐらいの覚悟を持って、パチューカでかつての勢いを取り戻せるか。日本代表として、今度のオーストラリア戦、あるいはサウジアラビア戦で、来年のロシア・ワールドカップに導くようなプレーを見せられるかは興味深い。
 
 最終予選の2試合を残してグループBの首位に立っているハリルジャパンも、盤石の強さを見せているわけではないよね。なにしろ、次のオーストラリア戦に負ければ、3位転落の可能性だってあるんだから。

 日本がここまで追い込まれているのも、本田が本来のパフォーマンスを発揮できていないからだと僕は見ている。6月のイラク戦では久々にフル出場して、それなりの評価を得たみたいだけど、肝心の試合はどうだった? 勝っていないよね? 攻撃の起点になった程度で満足してもらっては困るよ。 

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥
 ミラン退団後、本田は無所属の時期はあったけど、それほど時間がかからずに移籍先が決まって良かったよね。以前の川島のように、所属クラブがなければ、ハリルホジッチ監督は招集しないだろうから。
 
 もっとも、本田は代表でも正念場を迎えていると思うよ。残り2試合で、ワールドカップ出場権の獲得に貢献できないようであれば、代表引退を考えるべき時かもしれないね。

 海外組でもうひとり、話題を集めているのが、テネリフェからヘタフェに移籍した柴崎だ。周知のとおり、昨季に両クラブは1部昇格を賭けたプレーオフに進み、決勝で対峙して、柴崎が当時、所属していたテネリフェはヘタフェに敗れた。
 
 つまり、熾烈な戦いを演じたライバルチームに、柴崎は新天地を求めたというわけだ。

 いずれにせよ、メディアは“スペイン1部に移籍!”といった見出しを打って盛り上げようとしているみたいだけど、1部でも残留争いを余儀なくされそうなクラブに行っただけだ。そこまで騒ぐことでもない。

 報道によれば、年俸は1億円らしいね。Jリーグでも1億円をもらっている日本人はいるし、日本で稼げるお金しか手にできないのであれば、それをステップアップと言うわけにはいかない。海外で経験を積めば一流になれると思っているなら、それは間違いだ。

 ヘタフェクラスのクラブになら、過去にも何人か日本人が在籍したことがあるから、目新しさもない。スペインは日本人選手にとって鬼門になっている。つまりは、重要なのはこれから。ヘタフェからいかにしてトップクラスのクラブに移るかだ。

 エイバルで頑張っている乾は良い流れで来ているけど、清武はセビージャで結果を残せなかった。柴崎は、まだスタートラインに立っただけ。今後のさらなる活躍に注目だ。