1999年1月8日、国立霞ヶ丘競技場。全国高校サッカー選手権決勝は、2年連続で同じ顔合わせとなった。
 
 追いすがる“カナリア軍団”帝京を振り切り、堂々の大会連覇を達成した“赤い彗星”東福岡。前年度の3冠達成時もレギュラーとして活躍したMF宮原裕司、DF金古聖司、そしてDF千代反田充の3人は、2年連続で攻守の中軸を担った。
 
 その後、伝説の同級生トリオはプロの道へ進み(千代反田は筑波大学経由)、Jリーグや異国の地で確かな足跡を残した。やがて現役を退き、それぞれのセカンドキャリアを歩むこととなる。ひとりは指導者S級ライセンスを持つJ下部組織の監督、ひとりは埼玉の伝統校で新境地を開拓し、もうひとりはサラリーマンとなり、大企業の営業マンとして革靴をすり減らす日々を送っている。
 
 37歳となった彼らはいま、どんなビジョンを描いて日常を過ごしているのか。そして、みずからのサッカー人生をどう振り返るのか。
 
 今回、サッカーダイジェストWeb編集部の呼びかけに応じ、東京都内に集合してくれた3人衆。一堂に会すのは、なんと高校卒業以来だという。
 
―――――◆―――――――――◆――――
 
[プロローグ]
 本日の幹事、金古聖司は誰よりも早く到着し、集合場所で待っていてくれた。
 
 集合時間ジャスト、スーツ姿に「Asahi」のロゴが入った紙袋を持った千代反田充が現われる。
 
 そして、15分後、宮原裕司が登場。
 
宮原「ちゃんと新横浜から新幹線乗ってきたんだけど」
金古「あ、今日、満生(和寿/東福岡サッカー部同期)熱出して合流できん、ってさっき電話きた。俺の名刺渡したっけ?」
宮原「いや、なんならちゃんと会うの10年ぶりくらいよ、持ってないよ(笑)。そもそもお前が日本におらんかったからね」
金古「実家にも7年帰ってなかった」
宮原「ところでチヨ、そのポスターは何?」
千代反田「今度、アサヒビールが出した焼酎の」
 
──じゃあ、それを持って写真撮らなきゃでしょう。
 
千代反田「いやいや、これは1日持ち歩いて角が折れてて汚いんで。もっとちゃんとしたのじゃないと撮影NGです」
 
 ふたりの監督と課長補佐の対談は賑やかにスタートした。
 
[社会人、それぞれの一週間]

──今日もお仕事おつかれさまでした。それぞれ、平日はどんな感じで働いているのか、想像もつかないんですが、詳しく教えてください。
 
金古「(本庄第一高校の)監督である前に事務職員としての雇用だから、朝7:30くらいに出勤して、昼間は事務の仕事。土日は試合があるし、サッカー部は月曜日がお休みだけど、事務の仕事は休みじゃないから、実質休みはないです」
 
──ヒガシ(東福岡高校)の森重潤也監督も事務職ですよね。
 
金古「監督だけの契約という提案もいただいて。正直お給料もそっちのほうが良かった。でも、サッカーをやってる時間だけ来る監督って信用されないんじゃないかなって。自分が選手だったらどう思うかなと。とくにうちの高校は自分が着任する前にネガティブな事件があって、それまでの監督がいなくなっていた。選手も不安があった時期だったと思うんです。事務員なんで、サッカー部員がサッカー以外の時間に学校でどう過ごしているか、直接触れられることは少ないですけど、ずっと学校にいるというだけで選手にも安心してもらえるんじゃないかと。あとは、自分自身も社会人として欠けている部分を勉強できるし」
宮原「事務ってどんなことしてるの、具体的に」
金古「案内状を作ったりとか」
 
──学校に父兄の方が電話したら金古さんが出たりするわけですか?
 
金古「出ます出ます、ふつうに出ます」
 
──宮原さんが関東に仕事で来るということになって、今日の対談が実現しましたけど、具体的にどんなお仕事だったんですか?
 
宮原「Jリーグ主催の取り組みで。Jリーグ運営全体における下部組織の有り方に関して見直しをかけて、育成の中長期計画を作ってます。J1の18チームとベルマーレさんとうち(アビスパ福岡)の20チームの下部組織の責任者が、日産スタジアムにあるスポーツ医科学センターで4日間がっつり取り組むプログラムです」
金古「今はU-15の監督なんだよね?」
宮原「うん、今日の研修は”ヘッドオブコーチ”のほうの仕事」
金古「チームの育成全部のことってすごいね。コーチのなかには(古賀)誠史さんもいるんよね」
宮原「偉大な先輩だから敬語で話してますよ(笑)。U-15の監督の仕事でいうと、今は学校訪問の時期だから、もう1週間のルーティンスケジュールって感じじゃないよね」
金古「学校訪問までするんだ」
宮原「さっきの金古の話じゃないけど、うちのグラウンドではちゃんとしてても、学校では遅刻してないかとか、成績はどうかとか、進路も関わってくるから。三者面談もします」
千代反田「自分は、営業職なんで、ほんとは担当地域の外回りに直接行ってもいいんですが、毎朝できるだけ8時少し前に会社に行くようにしてます。アサヒビールの東京営業所ですから、営業の最前線。全国に営業所があるなかで東京に配属してもらって、チャンスをいただいている。平日は帰りが遅いことが多いです」
宮原「”課長補佐”ってどういうポジション?」
千代反田「課長から上になるともうマネジメントもできないといけない。でも僕の場合は入社した時の年齢でつけてもらってる役職にすぎません。部署は15人ほどですけど、この仕事では全員先輩だと思っています」
 
宮原「チヨはさっきも店のワインのラベル真剣に見てたよね。対談に集中してくれる?(笑)」
千代反田「アサヒはスーパードライが有名だけど、ワインも扱ってる。海外のメーカーと提携したり会社ごと買収したりもして。会社では酒類の検定というかテストをみんな受けてて、自分はまだいちばん優しいのをひとつ受かっただけ。お酒の勉強ももっと頑張らないといけないんで」
 
──大企業ともなると、転勤や人事異動もありますよね。どういうキャリアプランですか?
 
千代反田「僕はまず、ずっと永く続けること。現役の最後の3年間は毎年チームを変わることになって、やっぱり短期間ではできることが限られてしまった。ああいうのはもうぜったいイヤなんです。配属された部署でしっかり頑張りながら、どんな形でもいいからスポーツのために仕事ができたらいいなという想いはあります」
宮原「“スポーツ”じゃなくて、“サッカー”って言ってほしいよね。サッカーに特化していいんじゃない、それが強みだし、お前にしかできないと俺は思うんだけど」
千代反田「会社もチャレンジしてくれてる、きっと。会社員経験のない35歳過ぎの人間を社会人スポーツ部枠とかじゃなく、ふつうに採用するんですから。自分がそうとう頑張らないと、今後そういう人材は採りたくない、ってなる。たとえば、こういった取材依頼があった時にどうするかも、前例がない。最初は上司に一つひとつ申請してたけど、そのうち、ボランティアも含めて会社のためになることだったらいいよと、ある程度判断を任せてもらうようになってきた。近い目標では、東京オリンピック・パラリンピックです。うちの会社はゴールドパートナー企業なんです。オリンピック専門の部門もありますし、宣伝のような部門もある。でもその部署の仕事が、具体的にスポーツをやるひとたちに直接何かできる部署かどうかは分からないですから」
 
──そうですね、実際は一日中契約書をずっと作るのが仕事かもしれないですよね。
 
千代反田「だから、2020年にはどの部門にいても、その場所で何かスポーツを応援できるような仕事ができるようになっていたい」
 
──宮原さんはずっと言っているように、30代のうちにトップチームの監督になるのが目標ですよね。
 
宮原「でも、今ちょうど育成の中期計画を自分で作っていて。チームを強くするにはこういう方法もあるんだと知って、面白くなってる。チームのスタイルを決める部分を企画できるわけで。自分が作った中期計画を自分でやり切るとなると、時間的に30代監督は難しいのかな……。目標は変わっていくものだから。トップの監督はテストを受けてなれるわけじゃないしタイミングと縁なんで」
 
──金古さんは、まずは選手権出場。インターハイ予選は負けてしまいました。
 
金古「切り替えて、選手権予選がんばります」
 
──なにか学校側からのタスクというか監督としての評価基準はあるんですか? いつまでに選手権出場とか、年間何勝とか。
 
金古「とくに言われてないです。でも自分なりに考えて、おそらく、選手や生徒を多く集めることと、イメージを変えていくことなんじゃないかと。指導者としては素人同然だった自分に声をかけてくれた。だからまず、ユニフォームをブルーから赤に変えました(笑)。もちろん、ヒガシの志波(芳則)総監督には電話して許可をもらってます。今年は1年生が45人も入ってくれて、そのうち38人は僕が直接面談した選手です。選手権出場という目標も、実際に選手権に出ている自分が言っていけば現実味が出ます。巧い選手が多いんで、ここからは“強い”チームにしていきたい」
 
<中編につづく>
 
取材・構成●佐藤香織(フリーランス)
 
―――――◆―――――――――◆――――
PROFILE
宮原裕司(みやはら・ゆうじ)/1980年7月19日生まれ、福岡県北九州市出身。ポジションは攻撃的MF。180センチ。東福岡高−名古屋−福岡−鳥栖−C大阪−鳥栖−愛媛−福岡。Jリーグ通算189試合出場・6得点(J1は14試合・0得点)。現在は福岡育成普及部アカデミーヘッドオブコーチ/U-15監督。
 
金古聖司(かねこ・せいじ)/1980年5月27日生まれ、福岡県久留米市出身。ポジションはCB。180センチ。東福岡高−鹿島−神戸−福岡−名古屋−鹿島−タンピネス(シンガポール)−ミトラ(インドネシア)−タンピネス−アーントン(タイ)−ヤンゴン(ミャンマー)。Jリーグ通算73試合・5得点(J1)。現在は埼玉・本庄第一高校サッカー部監督。
 
千代反田充(ちよたんだ・みつる)/1980年6月1日生まれ、福岡県福岡市出身。ポジションはCB。183センチ。東福岡高−福岡−新潟−名古屋−磐田−徳島。Jリーグ通算291試合・20得点(J1は173試合・6得点)。現在はアサヒビール株式会社・東京統括支社東京支店課長補佐として営業職に就く。