1998年度の全国高校サッカー選手権で大会連覇を成し遂げた、“赤い彗星”こと東福岡。前年度に3冠王者でも主軸として活躍したMF宮原裕司、DF金古聖司、そしてDF千代反田充は、押しも押されもしない攻守の中軸だった。
 
 その後、伝説の同級生トリオはプロの道へ進み(千代反田は筑波大学経由)、Jリーグでも確かな足跡を残した。やがて現役を退き、それぞれのセカンドキャリアを歩むこととなる。ひとりは指導者S級ライセンスを持つJ下部組織の監督、ひとりは埼玉の強豪校で新境地を開拓し、もうひとりはサラリーマンとなり、大企業の営業マンとして革靴をすり減らしている。
 
 東京都内で一堂に会し、それぞれのサッカー観と人生観を語り合った3人衆。今日はスペシャル鼎談の第2弾をお届けする。まずは3人の出会いから……。
 
―――――◆―――――――――◆――――
 
[3人の不思議な関係]
 
──3人は確か小学生の頃から20年以上の仲だと思いますが、もうどこまでさかのぼったらいいんだろう。
 
宮原「小5。福岡県選抜が初対面」
千代反田「その頃から、このふたりはデカい顔してました」
金古「してないしてない」
宮原「だって、コイツ(千代反田)が県のトレセン来てまで、牛乳瓶の底みたいなメガネかけて本読んどるわけよ。おかしいやろ、そりゃイジルやろ誰でも(笑)」
 
──そのあと、みんなで東福岡に入学するわけですけど、当時のヒガシはまだ県内でも2番手3番手で、東海大五(現・東海大福岡)などが強い時代でした。なぜ東福岡を選んだんでしたっけ?
 
宮原「俺は単純に、本山雅志がヒガシに行ったから俺も行く。もっさんが違う高校に行ってたらそこに行ってた。で、せっかく行くなら、県選抜みんな仲よかったし、強かったから。確か九州で優勝したよね? みんなで同じ高校でやったらぜったい楽しいから、ふつうに誘うよね」
金古「ミヤに誘われるまで東福岡のこと知らなかったもんね」
千代反田「僕はヘタクソだったから直接誘われなかったけど(笑)、みんなでヒガシに行くらしいって聞いてて。そしたらある日、志波(芳則)先生が中学校まで話しに来てくれたんですけど、校長先生以下、学校全体が少し困ってた。まさかふつうの高校を受験するよね、ってみんなに止められて」
宮原「何度も言うけど、チヨはほんとに頭だけは良かったから。まあ止めるよね」
千代反田「僕は視力が極端に低くて、きっとサッカーは高校で最後になる、だからヒガシでサッカーがやりたかった。両親も、だったらやりなさいって許してくれたんです」
 
──ところで、東福岡は行きたいって思えば誰でも入れる高校なんですか?
 
宮原「正直、俺と金古は学力ではムリでしょ。チヨは頭がいいから進学クラスで入学できたけど」
金古「だから俺、ヒガシに入学が決まった後から塾行ったもんね」
宮原「意味がわからん」
金古「高校行って勉強ついていけなかったら苦労すると思って。東福岡は進学校でもあったんで」
 
──高校に入って、いつ頃からプロサッカー選手になろうと思い始めましたか?
 
千代反田「高2ですかね。自分は1年のころはAチームじゃなかったんで」
金古「俺も高2かな」
宮原「3冠したあとじゃなくて、春にはもっさんたちのところにスカウトの人たちがたくさん来てて、自分たちも話聞かせてもらったりしはじめてから」
 
──プロになりたかった?
 
宮原「時代よね。獲ってくれるチームがあったら行く時代。俺、志波先生に、『東大以外だったらどこでも行ける』って言われた」
金古「俺も言われた。で、プロに絞るなら大学の推薦はなくなるよ、って」
千代反田「俺も。でも、筑波に決めたあと、体育学群じゃなくて他の学群に入学したいって言ったら、『おまえさん、バカか?』って言われた」
宮原「3冠・2連覇の推薦文があって自分の行きたい大学受験して落ちたのは、1学年下の前田(隆)だけですね(笑)」
 
──たとえば、元ガンバ大阪の松波正信さんは、自分の契約金で弟を学校に行かせてあげられるからってプロになったそうです。正直、お金を儲けられそうだからプロになりたいって気持ちはありませんでしたか?
 
宮原「お金のこととかぜんぜん考えたことない。とくに俺らの年から契約金の上限できたし。子どもの頃はまだJリーグがなかった世代だから、計算とか計画とかもなかったよね」
金古「僕もべつに、お金じゃないし……なんだろう、このあともずっとサッカーやれることが嬉しかったし、プロでサッカーやるのって楽しそうだった」
 
──かっこいいですね。
 
千代反田「とはいっても自分が大学生だった頃、ふたりはいい車乗ってましたけどね(笑)。僕は、プロからオファーはいただいてましたけど、親の薦めもあって大学に行きました。ふたりほどサッカーが巧くないのは分かっていたし、要はビビりだったってことでいいです」
 
──プロから誘いがあるなかで、あえて大学に行った。その選択も、なかなか勇気がいると思いましたよ。
 
千代反田「自分のなかで、4年後プロになれなかったら、高卒でプロに行っても成功しないだろうと割り切った。でも大学に行ったら行ったでみんな巧くて、Jのサテライトと試合やってもだいたい勝ってた。鹿島以外は。先輩も卒業後、ふつうにJに行くひともいて、自分もオファーをいただけました。Jに入って、ミヤや金古とまた(アビスパで)サッカーができて、ほんとうに楽しかった」
 
[引退とセカンドキャリア]
 
──高校生の頃、将来お互いが今の仕事をしてるって想像してましたか? 
 
金古「チヨは、サラリーマンって言ってたの聞いた気がする」
 
──千代反田さんは、プロになるときすでに、「できるだけ長く現役を続けて、やり切ったら次は、サッカーと関係ない仕事をやりたい」とインタビューでも話してました。
 
千代反田「僕は、自分がこのふたりや本山さんたちみたいにサッカーが巧くなかったから、コーチや指導者になるっていう発想もなかった。ひとに教えるとかとんでもない」
 
──謙遜してますけど、プロ選手としての出場試合数は宮原さんの210試合、金古さんの217試合を上回る、342試合。千代反田さんがいちばん多かったんですよ。
 
千代反田「自分の実力が分かってたから、逆に長く現役ができたんだと思います」
宮原「金古は海外行く前、東京で『焼肉屋をやる』って言ってたけんね」
 
──思い出しました、確かに言ってました。
 
宮原「だいたい、昔は自分でぐいぐいやるタイプじゃなかったやろ、もっとのんびりしてたでしょ。そもそも、なんでこんなに海外行くひとになったの?」
金古「日本で声をかけてくれるチームがなくなって、焼肉屋のことも調べてみたりしたんですけど(笑)、家族の理解も得られたんで、世界中探して、声をかけてくれるチームがなくなるまでやろう、後悔しないようにしようって」
宮原「いや、だから、なんで『世界中探す』って発想になるかも分からんし」
金古「できることはなんでも自分でやりました。FIFAに登録されている代理人全員に自分のプロフィールとプレーの動画を送ったこともあったし」
宮原「軽く言うけど(笑)。俺も引退する年、アジアのリーグだったらいくつか声かけてもらったけど、ずっと北九州の田舎で育った人間が、いきなり知らない国でプレーするのとかムリと思わん?」
金古「最初がシンガポールだったのが良かった。英語だからなんとなく言ってることが分かったし。あと、チームのオーナーが良くしてくれて、家用意するから家族を呼べって言ってくれて。そうでないと家族呼ぶとかムリだった。給料は悪くはなかったけどドル建てで、ほら、日本円が70円台になったでしょ?」
宮原「え? 何? 難しい話?(笑) で、まさかの高校サッカー、しかも激戦区の埼玉県だからね。勇気あるよね」
金古「確かに。C級(指導者ライセンス)も去年取ったくらいだし。だから1年目はもう、全員に届く大きな声で話すところから。部員は80人。そうとう声を張らないと全員に分かるように説明できないからね。ミヤんとこは何人? 1日何分の練習?」
宮原「うちは各年代、選手は15〜20人くらいかな。練習は90分」
金古「うちは80人を実質3人で。4人いるけど、1人は中等部も見るから」
宮原「どういう練習してるのかメニューとビデオ送ってよ」
金古「いや〜、きっと猛烈なダメ出しされる」
千代反田「俺も見てみたい。金古が生徒を怒ったりする姿が想像できない」
金古「ぜんぜん怒鳴ったりするよ」
宮原「時間が足りないなら、朝練利用したら? あと、年間計画を先に作ったほうが効率いいよ」
金古「うち、学校が駅から離れててスクールバス使ってる生徒も多いから、全員では朝練できないんだよね……」
千代反田「だんだん本気の相談になってきた(笑)」
 
──高校サッカーの指導者だったら、教職で有名な筑波大に行った千代反田さんのほうが自然ですよね。
 
千代反田「筑波は学生の間にC級はみんな取りますし、僕も持ってたんですが、もう失効しちゃったんじゃないかな。ほんとに指導者になる考えがなかったんで、勉強として取りましたけど、資格として使う気はなかった。たとえば自分が長くサッカー選手をできたのも、自分をディフェンスにしてくれた志波先生や寺西(忠成)さんがいたからで、中盤やフォワードだったら、まずヒガシで試合に出れなかった。逆に、中学の頃に師事できる環境だったら、もしかしてミヤや金古のように技術がある選手になってたかもしれない。引退した直後に、名古屋が声をかけてくれてスクールのお手伝いをしましたけど、『自分のような者が指導者になってはいけない』と再確認しました。それで、就職活動に専念しました。エントリーシートを書いて、WEBテストも受けて、面接もして。スポーツに直接関わるメーカーさんももちろん受けましたけど、結果的に採用の連絡をいただいた証券会社との二択」
金古「僕のなかでは、やっぱり、高校サッカーの指導者のナンバー1は志波監督。ほんとうに大きな存在で、ぜったいに志波監督になれるわけがないのも分かっています。でも、本庄第一の新人戦決勝戦を見たとき、僕にとっての志波監督がそうだったように、この選手たち一人ひとりのなかで『高校で見てもらったからそのあとの人生も頑張れた』という存在になりたい、と心が動きました。指導とかじゃなくて」
 
──宮原さんは指導者になろうと、ずっと準備をしていたんですか? 年齢的に引退する段階である程度BとかAとかまで持ってないと、最年少S級認定者にはなれないですよね。
 
宮原「資格は偶然持ってたというか、モリシ(元日本代表の森島寛晃)に感謝です。サッカー選手って、空いてる時間も身体は動かしてないといけないんだけど、自分でなかなかジム行ったりとかたいへんでしょ? そしたらモリシが、運動もできるしひとりじゃつまんないから一緒に研修に行こう、って誘ってくれて。セレッソ時代。実際、いっしょだから楽しかったです。で、現役の最後、Jのチームから声がかからなかった年に、ちょうどアビスパでコーチの募集があって、チャンスだと思ったんですよね、これを逃したら、コーチになりたくても募集があるかどうか分からない。しかも地元で。で、『あ、俺、B級持ってるわ』って。だったら30代でトップの監督になるっていう目標もできる。目標が見つかったから、未練なく引退できた部分が大きいです」
 
──金古さんが大声で怒鳴ってるのも高校の頃のイメージと違いますけど、宮原さんもS級の勉強とかコツコツするイメージじゃなかった(笑)。
 
宮原「あー、それは好きなサッカーのことだから、机に向かっててもぜんぜん苦じゃないんですよ。車の免許の勉強はキツかったけど。今日の会議も知らないことがどんどん分かるから、楽しくてしょうがなかった」
 
──なんかちょっと感動しました。アラフォーになっても、「サッカーが好き」って言い切れるって素敵なことですよね。
 
宮原「それっきゃないでしょう。サッカー以外に何があんのよ(笑)」
金古「あー、でも、確かに、好きだから頑張れるっていうのはある。まだ2年目ですけど、高校でも、あ、楽しいなって瞬間があるんですよ。勝ち負けじゃなくて、今日はいい試合できたな、とか、これまでできなかったことができるようになった、とか。きっとこういう瞬間が魅力で離れられないんだろうなって、分かるようになりました」

<後編につづく>
 
取材・構成●佐藤香織(フリーランス)
 
―――――◆―――――――――◆――――
PROFILE
宮原裕司(みやはら・ゆうじ)/1980年7月19日生まれ、福岡県北九州市出身。ポジションは攻撃的MF。180センチ。東福岡高−名古屋−福岡−鳥栖−C大阪−鳥栖−愛媛−福岡。Jリーグ通算189試合出場・6得点(J1は14試合・0得点)。現在は福岡育成普及部アカデミーヘッドオブコーチ/U-15監督。
 
金古聖司(かねこ・せいじ)/1980年5月27日生まれ、福岡県久留米市出身。ポジションはCB。180センチ。東福岡高−鹿島−神戸−福岡−名古屋−鹿島−タンピネス(シンガポール)−ミトラ(インドネシア)−タンピネス−アーントン(タイ)−ヤンゴン(ミャンマー)。Jリーグ通算73試合・5得点(J1)。現在は埼玉・本庄第一高校サッカー部監督。
 
千代反田充(ちよたんだ・みつる)/1980年6月1日生まれ、福岡県福岡市出身。ポジションはCB。183センチ。東福岡高−福岡−新潟−名古屋−磐田−徳島。Jリーグ通算291試合・20得点(J1は173試合・6得点)。現在はアサヒビール株式会社・東京統括支社東京支店課長補佐として営業職に就く。