YBCルヴァンカップは7月26日、プレーオフステージ第2戦の2試合が行なわれ、FC東京とC大阪が勝ち抜け、ベスト8進出を決めた。

 味の素スタジアムで行なわれたFC東京対サンフレッチェ広島は、0-0で迎えた64分、相手のミスを突いたFC東京の室屋成が自ら持ち込み、豪快なミドルシュートを突き刺す。この1点を守り抜いたFC東京が1-0で勝利。2戦合計2-0として、広島を下したFC東京が準々決勝進出を決めた。

【ルヴァン杯PO FC東京1−0広島】室屋の豪快ミドルが決勝点!FC東京がベスト8へ進出!

 また、キンチョウスタジアムで行なわれたセレッソ大阪対北海道コンサドーレ札幌は、26分に秋山大地からのクロスを福満隆貴が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。後半は、札幌が新加入のチャナティップを投入して反撃に出るが、これを封じたC大阪が1-0で勝利。2戦合計で3-0としたC大阪がプレーオフステージを勝ち抜けた。

 これでベスト8が出揃い、顔ぶれはACL出場組の鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪、さらにグループステージで1位突破を果たしたベガルタ仙台、ヴィッセル神戸にプレーオフステージを勝ち抜いたFC東京とC大阪となっている。

 準々決勝の組み合わせは、7月31日に行なわれるオープンドローによって決定される。