1998年年度の全国高校サッカー選手権で大会連覇を成し遂げた、“赤い彗星”こと東福岡。前年度に3冠王者でも主軸として活躍したMF宮原裕司、DF金古聖司、そしてDF千代反田充は、押しも押されもしない攻守の中軸だった。
 
 その後、伝説の同級生トリオはプロの道へ進み(千代反田は筑波大学経由)、Jリーグでも確かな足跡を残した。やがて現役を退き、それぞれのセカンドキャリアを歩むこととなる。ひとりは指導者S級ライセンスを持つJ下部組織の監督、ひとりは埼玉の強豪校で新境地を開拓し、もうひとりはサラリーマンとなり、大企業の営業マンとして革靴をすり減らしている。
 
 3人が一堂に会した場所は、東京・恵比寿にあるイタリアンの老舗『IL BOCCALONE』。6代目料理長を務める岩田正記さんは、東福岡高校サッカー部で彼らより1学年上の先輩。幹事である金古がチョイスしれくれた。
 
 はたして最終回ではどんなエピソードが飛び出すのか。2年生で3冠王者となった彼らは最終学年を迎え、途轍もないプレッシャーと向き合うのだが……。
 
―――――◆―――――――――◆――――
 
[3冠、2連覇の称号]
 
──東福岡で2年時に3冠、3年時に選手権を2連覇したことで、何かデメリットであったり、つらいこと、きつかったことはありませんでしたか?
 
金古「高校の3年間に関してはいい思い出しかない」
宮原「3冠したあと、2連覇へのプレッシャーがたいへんだったでしょうと言ってくれるひともいるんだけど、金古が……」
金古「まず俺が、3冠を達成した直後の新人戦でやらかして、公式戦49連勝記録を止めちゃいました」
宮原「とにかく先生方が恐かった! 目の前の1日をなんとか先生に怒られないように頑張ってただけで、気が付いたら2連覇してプロにもなれてた」
金古「そう、それ! とにかく先生が恐かった。今のヒガシは選手が何百人もいて、コーチもたくさんいて、選手同士も全員の名前分からないんじゃないかと思うくらいですけど、前はBチームだろうがなんだろうが全員怒られてました。志波監督だけじゃなくて寺西(忠成)さんもいたし」
宮原「試合に出てるヤツも出てないヤツも、うちの学年はみんな仲良かったと思うけど、どうなの、榎下」
 
──いつの間にか合流してニコニコと話を聞いてますけど、トップセールスマンの榎下(貴三)さんはどうですか?
 
榎下「どんなお客様でも、『僕あの雪の決勝で点決めたんです』って言うと、『ホントに? 本人?』って、ぜったい笑顔になっていただけます。あんまりサッカーが好きなひとじゃなくても、冬の風物詩みたいなところがあるみたいで。営業にとってこんなにありがいことはありません」
 
──千代反田さんも、営業先で役に立っていますか?
 
千代反田「自分は、Jリーグの選手だったと言われることは、普段ほとんどないです。でも、同じ営業所のひとのお得意様でサッカー好きの方がいて、お手伝いでいっしょに行くことはよくあります。そうすると、やっぱりJリーグの話より、ヒガシの3冠2連覇の話が盛り上がるんですよね。関東の人は東福岡なんて知らないと思ってたんで意外でした」
金古「同じ。俺、常勝鹿島アントラーズにいたのに、やっぱり『東福岡の』って言われる。とくに最近は保護者の方々が同年代になってきてるのもあって。でも、ぜんぜん嫌じゃないですよ」
宮原「それより、俺たちじゃないひとのほうがよっぽど東福岡を愛してる。それが多くてびっくりしなかった?」
千代反田「あー、それ分かる」
金古「地元のひともそうだし、サッカー部じゃなかったひとまで。俺たちより東福岡に詳しい」
宮原「でも、ちょっとマジメな話をすると、自分がJの下部組織に入ってみて思ったのは、指導者は選手にもっと大きい世界を見せなきゃいけないんじゃないかってこと。高校サッカーは学校教育の枠の中だし、3年間で完結しちゃうから」
 
──志波監督はそのなかでも、S級ライセンスを取得されたり、香川(毅志)や池元(友樹)の海外挑戦の場を作ったり、早くから視野が広かったですよね。
 
宮原「もっさん(本山雅志)なんかは高校の頃から日本代表や海外でプレーすることまで頭の中にあったと思うけど、正直自分なんかは、必死で3年間高校でサッカーやって優勝できてプロになれて、でもその先は描けてなかったと思うんです。後輩たちのために、自分も海外や代表を目ざして見せてあげなきゃいけなかったかなと、反省したこともありました。子どもの頃から、指導者が選手を枠に入れたらいけないというか。海外もあるし大学もあるし、正解はたくさんある。それを考えられるようにするのが大切だと思いました。金古は、たとえば高校卒業時点でJから声がかからなかった選手でも、アジアのリーグに挑戦するように薦めたい?」
金古「うん、ぜったい挑戦したほうがいい。自分を強くできるし、いろんな経験ができるから。俺は行ったほうがいい、って言うよ」


 
[家族と福岡]
 
──3人とも父親です。今、好きなことができているのも、ご家族に理解があるからだと思います。プロのサッカー選手からの転身で、生活の変化も大きいでしょうし。
 
千代反田「確かに、サッカー選手は時間が自由になる部分もあるから、たとえば平日は昼間自分が子どもを見たりできますよね。いきなり会社員になって、まったく家にいない。奥さんには感謝してます。でも、ひとの嫁さんを褒めたくないけど、金古の奥さんはほんとうにすごいっすよ。マジですごい」
金古「(笑)そうね、一時期、タイからミャンマーに単身赴任とかあったからね。引退することになっても、まずは日本に生活の基盤がなかった。タイから家族で引越し」
千代反田「うちは大学で知り合ってるから、プロサッカー選手の自分と結婚したわけじゃないし、理解があるほうだと思いますけど、海外までは」
宮原「うちも引退してからの結婚。奥さんも福岡の人間で、華やかさとかまったく求められてない。コーチの仕事もなかなか最初は理解してくれなくて週末、春、夏、冬、休みの無さには呆れられますけど」
 
──お子さんは、サッカーをやってますか?
 
宮原「うちの上は興味ないね。ユーチューバーになりそうなくらいYoutube見よる、今は。下は2歳で男。運動神経は良さそうだけど……まだ分からんね」
金古「うちは地元でやってる。もう小5。ただ、俺から見て、すっごい必死で努力してるようには見えないから、『努力してないからサッカー選手にはなれんよ』って言ってる。自分の親の職業がプロサッカー選手で、今は高校の監督をしてることも認識はしてて、『今日は勝った?』って訊いてくる。海外で育ったから、なんか感覚が日本人じゃない」
千代反田「うちはまだ小さいけど、もうボール蹴ってます。ボール蹴ってる動画撮ったりして親バカです。スポーツは楽しいし、いろんな経験ができるし、本人がサッカー選手になりたいって言ったら応援します。ただ、プロになれる才能があるかどうかは僕が見て判断できると思う。もし、才能がなさそうだったら、勉強もやりなね、って言うかな」


[10年後]

──そろそろお店もラストオーダーだから、お互いに、10年後にどうなっていてほしいかを最後に聞かせてください。まず、宮原裕司の10年後。
 
千代反田「東福岡の監督!」
金古「そうだね、それあるね」
宮原「は??? そんなんお前らから初めて聞いたわ」
金古「ほら、今の顔見た? ウソが30%くらい入ってるときの顔してたし(笑)」
 
──10年後だと、まだまだ志波総監督や森重(潤也)監督が健在かもしれないわけだから、気を遣う話題かもしれないけど。
 
金古「もちろんJのトップの監督もやっていろいろ実績作ったあとでいつかやってくれればいいです(笑)」
千代反田「いつになってもいいから、3冠2連覇だったメンバーが母校で監督やってくれたら、もう、間違いなく福岡全体が盛り上がると思うんですよね。想像しただけで嬉しい。そのときは僕も全力で応援します」
 
──金古聖司の10年後はどうでしょう。
 
金古「二重瞼にはしませんよ(笑)」
宮原「高校サッカーと両立できるかどうか分からないけど、やっぱり金古には、海外経験を活かした、架け橋のようなこともやっていてほしい」
千代反田「あと、金古にもヒガシの監督を(笑)」
 
──千代反田充の10年後。
 
宮原「とにかくチヨは特殊な人間だから、俺が知る限り。こういう特殊なヤツだからこそできる企画が必ずあると思う。大きな会社だから難しいかもしれないけど、『なんで最近Asahiってこんなことやり出したの?』っていう話題の原因を、実はチヨが頑張って作りだしてたらすごいと思う」
金古「アサヒビールでアジアに学校作るとかどう? 今、いろんな企業が地元と組んでライフラインへのボランティア活動をしてるでしょ。ミャンマーだったら、俺、ほんとにスポンサー紹介するよ。サッカーチーム1個、リーグ1個をポンって作れちゃうような財閥のひとたちとチヨが、アサヒビールの名刺持って仕事してたらいいね」
 
―――――◆―――――――――◆――――
 
「あ、今日の食事代は俺らで割りますから、ダイジェストの方々の分はいらないです。取材に関係ない人間も呼んじゃったし」
 
 別れ際に宮原が言い出した。そういうわけにはいかないからと、金古と千代反田に助けを求めたが、結局、ご馳走になってしまった。
 
金古「そうしましょう。裕司がそう言うんだから。俺たちはいつも宮原が言うとおり。アイツの言うことで間違ってることはないから(笑)」
千代反田「そうそう(笑)。今日、集まるきっかけを作ってくれて、ほんとうにありがとうございます。離れて暮らしてるし、みんな仕事も家庭もあるから、集まろうって言ってるだけで、なかなか会えるもんじゃなかったですから。感謝の気持ちです」
 
 そんな会話をしている最中も、榎下は忘れ物がないか、丁寧に卓の周りを確認している。
 
 彼らのあうんの呼吸は、こんなところでも、まったく変わっていなかった。
 
「金古は朝何時だっけ?」
「朝7:30」
「俺は会社に7:55」
「ま、大丈夫っしょ?」
 
 ガヤガヤ話しながら、彼らは恵比寿横丁へ消えていった。
 
<了>
 
取材・構成●佐藤香織(フリーランス)
 
―――――◆―――――――――◆――――
PROFILE
宮原裕司(みやはら・ゆうじ)/1980年7月19日生まれ、福岡県北九州市出身。ポジションは攻撃的MF。180センチ。東福岡高−名古屋−福岡−鳥栖−C大阪−鳥栖−愛媛−福岡。Jリーグ通算189試合出場・6得点(J1は14試合・0得点)。現在は福岡育成普及部アカデミーヘッドオブコーチ/U-15監督。
 
金古聖司(かねこ・せいじ)/1980年5月27日生まれ、福岡県久留米市出身。ポジションはCB。180センチ。東福岡高−鹿島−神戸−福岡−名古屋−鹿島−タンピネス(シンガポール)−ミトラ(インドネシア)−タンピネス−アーントン(タイ)−ヤンゴン(ミャンマー)。Jリーグ通算73試合・5得点(J1)。現在は埼玉・本庄第一高校サッカー部監督。
 
千代反田充(ちよたんだ・みつる)/1980年6月1日生まれ、福岡県福岡市出身。ポジションはCB。183センチ。東福岡高−福岡−新潟−名古屋−磐田−徳島。Jリーグ通算291試合・20得点(J1は173試合・6得点)。現在はアサヒビール株式会社・東京統括支社東京支店課長補佐として営業職に就く。