川口能活、41歳。彼のサッカー人生は、言い換えれば、日本代表の“世界挑戦”の歴史と重ね合わせることができる。絶対に負けられない戦いのなかで、彼はどんなことを考えていたのか。「川口能活クロニクル」と題した、日本サッカー界のレジェンドが振り返る名勝負の知られざる舞台裏――。
 
第8回:2010年南アフリカW杯グループリーグ第1戦 日本 vs カメルーン
 
――◆――◆――
 
 
 1998年のフランス大会から、ワールドカップという舞台に4大会連続で選出させてもらっています。どの大会も思い出深いものばかりですが、そうしたなか、自分にとって大きなサプライズだったのは、2010年の南アフリカ大会でした。プレーヤー兼チームキャプテンというポジションで臨んだ大会でした。
 
 日本代表の監督が岡田武史監督でなかったら、チームキャプテンを任されることはなかったでしょうし、おそらく僕はメンバー入りすら果たせていなかったと思います。なにせ、当時の僕は、09年1月以来、度重なる怪我に悩まされ、岡田ジャパンには1年半以上も呼ばれていなかったのですから。
 
 南アフリカ大会の最終メンバー発表は、5月10日でした。
 
 当時、僕はジュビロ磐田でプレーしていたのですが、その日までずっと試合復帰できていませんでした。それでも僕は代表復帰を諦めていませんでした。たとえ可能性が1パーセントしかなかったとしても、その数字がゼロでなければ、絶対に戻ってみせると心の中で誓っていたのです。
 
 メンバー発表前日、僕は負傷後初めてフル出場する練習試合に出る予定でした。しかしその直前に右内転筋に張りが出て、出場を回避したのです。この試合に出て90分やれることをアピールしようと思っていましたから、本当にショックでした。
 
 これでもうワールドカップに出られるチャンスは消えてしまった――。弱音を吐くことは決してしないようにしていたのですが、その時ばかりは思わず口にしてしまいました。
 その夜、1本の電話がありました。
 
 ちょうど気分転換にと、家族と一緒に近くのレストランで食事していた時のこと。「03」から始まる電話番号が僕の携帯電話に表示されたのです。東京から電話なんて珍しい。誰かな? と思ってとってみたら、「おい、俺だよ!」と。「誰ですか?」と聞き直したら、「俺だよ、岡田だよ」と言ってきたのです。
 
「今日、加藤好男(当時の日本代表GKコーチ)を見に行かせていたけれど、怪我して出場しなくなったそうだな。お前がプレーできる状況だったらメンバーに入れたいと思っている」
 
 まさに寝耳に水でした。岡田監督から直接電話がかかってきたことも驚きでした。ちょうど諦めかけていた代表復帰の誘いだったのです。
 
 その後に言われた岡田監督の言葉が本当に心に刺さりました。
「いまの代表チームにキャプテンが欲しい。選手から尊敬されていて、プレーでも見せられる選手は、お前しかいないんだ」
 
 家族や恩師と相談して改めて自分から「ぜひ行かせてください!」と、岡田監督に電話しました。選んでもらった恩返しのためにも、ワールドカップで岡田監督を勝たせたいという気持ちが芽生えました。
 
 メンバー発表当日、岡田監督が第3GKとして考えていることを知りました。正直、悔しい思いはあったのですが、それでも、僕は諦めていませんでした。選手として出場機会を求めながら、同時に、チームキャプテンとしての役割をしっかり全うしようという強い気持ちをもってチームに合流しました。
 
 当時、岡田監督はグループリーグを突破することが日本にとっての最重要課題だと、選手たちに何度も言っていました。そのためにはグループリーグの初戦で勝点3を取ること。初戦必勝――。カメルーン戦にピークを持っていかなければなりませんでした。
 スイスのザースフェーでの直前キャンプを経て南アフリカ入りした僕たち日本代表は、ベースキャンプ地のジョージで最後の調整へと突入しました。
 
 しかしその時、まだスタメンの顔ぶれも流動的で、なかなか結果がついてこない状況が続いていました。5月24日の韓国戦(0対2)、5月30日のイングランド戦(1対2)、6月4日のコートジワボール戦(0対2)と3連敗。本番直前、最後のテストマッチとなった6月10日のジンバブエ戦はスコアレスドロー。ワールドカップに出場しないチーム相手に、30分×3本の練習試合を行ない、3本ともノーゴールに終わりました。
 
 カメルーン戦から数えて4日前のことでした。
 
 岡田監督は本当に頭を悩ませていました。だからこそ、いろいろ試行錯誤を重ね、そして数々の決断を下してきました。
 
 イングランド戦から阿部勇樹をアンカーで起用し、直前のジンバブエ戦で本田圭佑の1トップへのコンバートにトライしました。ゲームキャプテンを中澤佑二から長谷部誠へ変えて、ずっとチームを引っ張ってきた中村俊輔、楢?正剛をスタメンから外したのです。日本サッカー界に課された重要命題である「グループリーグ突破」という使命を果たすべく、岡田監督も必死でした。
 一方で、岡田監督の決断に対して理解を示した佑二、俊輔、正剛といったベテラン勢の悔しさも相当にあったと思います。一流選手と呼ばれる人間がプライドを押し殺して、チームのために自分を殺して一緒になって戦ったのです。
 
 自分がチームキャプテンとしてまとめ役という任務を全うできたのも、我慢を強いられた彼らの協力なくしてあり得なかったでしょう。また、僕がそうした振る舞いができたのも、過去に2002年ワールドカップで見せた秋田豊さんや中山雅史さんの素晴らしいサポートがあったから。ベテランが取るべき言動――そうした成功例があったのが大きかったのは忘れてなりません。
 
 そして迎えた運命のカメルーン戦――。
 
 試合は我慢勝負の展開となりました。スコアレスの状態が続くなか、均衡を破ったのは39分のことでした。
 
 松井大輔のクロスがファーサイドで待ち構えていた1トップの圭佑の足もとへ。左足で合わせたボールがネットに吸い込まれていきました。その瞬間、岡田監督をはじめ、サブメンバーもベンチから飛び出して喜びを爆発させました。あのゴールは、まさにみんなの我慢が実った瞬間でした。
 
 そしてその圭佑のゴールを守り切り、日本はついに“初戦必勝”というミッションを果たしたのですが、日本のメディアバッシングに耐えながらも勝つために試行錯誤を重ねた岡田監督の我慢であったり、佑二、俊輔、正剛といったベテラン勢の我慢であったり……。最後の最後までもがき苦しみながら、チームのために犠牲を払い続けてきたからこそ、勝利の女神が日本に微笑んだと思います。
 カメルーン撃破によって、チームの風向きは180度変わりました。2戦目のオランダには0対1で敗れたものの、好ゲームを演じました。3戦目のデンマークには3対1で快勝し、目標のグループリーグ突破を果たしました。最終的に決勝トーナメント1回戦で、パラグアイにPK戦の末に負けたものの、本大会に入ってからの日本のパフォーマンスは、まさに躍動していたと思います。
 
 大会を通して、圭佑が4試合中3試合でFIFAが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに輝きました。カメルーン撃破のゴールをはじめ、1トップというポジションながら、彼の活躍は本当に素晴らしいものでした。その圭佑の1トップ起用とともに、個人的にベンチから見ていて、チーム戦術として成功したと思ったのは、阿部ちゃんのアンカー起用です。
 
 彼がアンカーに入ったのはイングランド戦からでしたが、それ以降、チームの安定感が見違えるように増しました。要するに、チームが落ち着いてきたのです。ハードワークができるし、対人にも強いし、ボールを持ててビルドアップもできる。そのうえキャプテンシーもある。どうしてこれまでレギュラーではなかったのか、と思うほど、まさにチームの躍進に欠かせない“黒子”として、彼の存在感は絶大でした。圭佑が表のMVPならば、阿部ちゃんは裏のMVPといったところでしょう。
 
 このように、ピッチの上で戦った選手たちが最大の殊勲者であることは間違いありませんが、チームが勝つことによって、僕たちサブメンバーの人間も、チームの一員として貢献できたことが証明されるのだなとつくづく思いました。
 
 チームが勝つためになにができるか――。
 
 個人的には、キャプテンとして最大限チームをサポートし、絶対に日本代表のミッションを達成させたいという思いがありましたから。カメルーン戦は、自己犠牲の精神を持つ大切さをあらためて教えてくれた。そういう意味で、僕にとって忘れられないゲームです。
 
取材・構成:小須田泰二(フリーライター)
 
■参考資料
南アフリカW杯 グループリーグ第1戦
2010年6月14日16:00@南アフリカ・ブルームフォンテーン
日本 1−0 カメルーン
[得点]日=本田(39分)
[警告] 日=阿部(90+1分) カ=ヌクル(72分)
 [日本]
スタメン/GK21川島永嗣、DF3駒野友一、22中澤佑二、4田中マルクス闘莉王、5長友佑都、MF2阿部勇樹、8松井大輔(69分9岡崎慎司)、17長谷部誠(88分20稲本潤一)、7遠藤保仁、16大久保嘉人(82分12矢野貴章)、FW18本田圭佑
サブ/GK1楢崎正剛、23川口能活、DF6内田篤人、12岩政大樹、15今野泰幸、MF10中村俊輔、14中村憲剛、FW11玉田圭司、19森本貴幸
監督:岡田武史
 
■プロフィール
川口能活プロフィール
かわぐち・よしかつ/1975年8月15日生まれ、静岡県出身。180センチ・77キロ。清水商高卒業後、横浜入り。その後、ポーツマス(イングランド)、ノアシャラン(デンマーク)、磐田、岐阜を経て、現在J3の相模原でプレー。4度のワールドカップ出場を誇る日本を代表するレジェンド。プロ24年目。
☆SC相模原オフィシャルHPはこちら
→http://www.scsagamihara.com/