J1リーグ第19節
川崎フロンターレ – ジュビロ磐田
7月29日(土)/19:00/等々力陸上競技場
 
川崎フロンターレ
今季成績(18節終了時):3位 勝点35 10勝5分3敗 33得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●中断期間に行なった函館キャンプ(7月17日〜22日)では攻守両面での課題を修正。「共通理解が深まった」と選手たちは語る。
●小林は一時的に別メニュー調整を行なうも、磐田戦への出場は問題なさそう。
●今後の連戦に向け、選手層をどれだけ厚くできるかが鍵に。
 
【担当記者の視点】
 15節から4勝1分と好調だったなかで中断期間に入ったのはやや残念だったが、この期間に実施した函館キャンプでは攻守の課題を修正するなど、実りあるインターバルとなった。
 
 磐田戦に向けては小林が一時、別メニュー調整をしたが、問題なく先発しそうだ。もっとも、ACLやルヴァンカップを含めた今後の連戦を考えれば、選手層を厚くしたいところ。出場機会が限られている選手たちの奮起にも期待したい。
 
J1リーグ第19節
川崎フロンターレ – ジュビロ磐田
7月29日(土)/19:00/等々力陸上競技場
 
ジュビロ磐田
今季成績(18節終了時):7位 勝点31 9勝4分5敗 25得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●19日から3日間の御殿場ミニキャンプでは、前半戦のポジション別の好プレー集を鑑賞。チームムードはさらに盛り上がっている。
●同キャンプの最終日、筑波大との練習試合で、13日に特別指定選手に承認された同大のFW中野誠也が磐田の一員として出場し1得点。
●その中野が川崎戦でベンチ入りか!?
●27日から3日間、日体大4年のDFンドカ・ボニフェイスが練習参加。
 
【担当記者の視点】
 5連勝と波に乗ったところで中断を迎えたが、勢いは削がれていない。「練習も、全員が同じ方向を向いてやれている」と高橋が言えば、「紅白戦ではひとりもサボらず、チームにプラスになることを全員が考えながらやれている」と宮崎も自信を深める。ホームで敗れている川崎を相手に「今の自分たちがどれくらいやれるかがか楽しみ」と選手たちは口を揃える。
 
 名波監督は「決して下げず、自分たちから守備で仕掛けることを徹底する。なるべく高い位置でボールを奪えれば。好調さを出したい」とポイントを挙げる。3戦連続完封を後方から支える大井は「自分たちが踏ん張れば、前が必ず点をとってくれる」と攻撃陣に信頼を置く。4試合連続完封勝利となれば、クラブ史上初だ。