コロンビア代表MFのハメス・ロドリゲスが、妻ダニエラ・オスピナと離婚した。今夏にレアル・マドリーからバイエルンに新天地を求めたコロンビア代表MFは、プライベートでも心機一転を図ることになった。
 
 現地時間7月28日にダニエラがインスタグラムで、「6年半の結婚生活を経て、双方合意で離別を決断した」と離婚を発表。4歳の娘サロメちゃんに関しては、今後も2人で協力しながら成長を見守っていくという。
 
「みなさんには家族のプライバシーを守っていただきたい」と綴るなど離婚原因は明らかにされていないが、3人一緒の笑顔の写真を投稿しているところを見る限り、喧嘩別れではなく円満な別れだったのかもしれない。
 
 ダニエレはコロンビア代表でハメスと同僚のGKダビド・オスピナ(アーセナル)の実妹だが、2人は共通の知人を介して出会って交際に発展。2010年に結婚し、13年にはサロメちゃんを授かった。
 
 元々はバレーボ―ル選手だったダニエラは、結婚を機に引退。最近は長身とセンスの良さを活かしてファッション業界で活躍する傍ら、ハメスをサポートし続けてきた。
 
 しかし、ハメスのバイエルン移籍の際に妻子がミュンヘンにいなかったことで現地メディアでは関係破綻が取沙汰され、実際に離婚という結末を迎えた。
 
 公私で新たな選択を決意したハメスは、新シーズンにどんな活躍を見せるのだろうか。
 
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち