J1のヴァンフォーレ甲府は7月28日、所属選手の道渕諒平が、知人女性への暴行容疑で警視庁に逮捕されたことを発表した。
 
 事件に関する警察の発表はないが、クラブが把握している範囲では、事件は7月23日に東京都内で発生し、同28日現在、身柄は拘留されているという。
 
 甲府はクラブ公式ホームページで以下のように謝罪をした。
「弊クラブ所属選手が警察に逮捕されるという事実が起きたことは誠に申し訳なく思っております。被害者の方に心よりお見舞いを申し上げます。そして、ヴァンフォーレ甲府を支えて下さるファン・サポーター、スポンサー、地域の皆様、 またJリーグを支えて下さるすべての皆様に心よりお詫び申し上げます」
 
 道渕は明治大から今季加入の大卒ルーキー。今シーズンはリーグ戦4試合に途中出場し、ルヴァンカップにはグループリーグの全6戦に出場した。アタッカーとして期待をされていたが、プロ生活に支障をきたすであろう不祥事を起こしてしまった。なお、処分については事実関係の確認を行なったうえで、対応するという。