[J1リーグ19節]札幌×浦和/7月29日/札幌ド
 
 J1リーグ19節の札幌対浦和が29日、札幌ドームで14時3分にキックオフされた。
 
 試合は開始7分、札幌の横山が接触プレーで足を痛めて途中交代する。しかし、ホームチームはこのアクシデントにも動じずに集中を保ち、迎えた32分に先制点を叩き込む。右サイドからのCKで福森がクロスを上げると、中央の都倉が槙野との競り合いを制してヘディングシュートを沈めた。
 
 その後、浦和も1点を返そうと攻撃を仕掛けるが、ゴールには結びつかない。39分には都倉との接触プレーで槙野がレッドカードを受け(都倉にはイエローカード)、数的不利に陥ってしまう。結局、そのまま1点ビハインドで前半終了。2試合ぶりの勝点3を狙う浦和が、厳しい状況に追い込まれている。