[J1リーグ19節]神戸3-1大宮/7月29日/ノエスタ
 
【神戸3‐1大宮 PHOTO】ホームデビューのポルディが2発!神戸が大宮に完勝!

【チーム採点・寸評】
神戸 7
高い位置からのプレスを効いた後半は、中央、サイドを効果的に使った攻撃で優勢に展開。時折逆襲を受けつつも、危なげない戦いぶりを見せた。
 
【神戸|採点・寸評】
GK
18 キム・スンギュ 6
6分のピンチ(江坂との1対1)を乗り切ると、以降は期待に沿う働きを披露。ゴール前へのクロスやシュートへの反応が安定していた。
 
DF
3 渡部博文 6.5
スピード豊かな江坂に振り切られる場面こそあったが、力強い守備は健在。岩波との連係にも特に問題は見られなかった。
 
5 岩波拓也 6.5(71分 OUT)
最終ラインから正確なフィードやパスを供給。空中戦では打点の高いヘッドで敵の攻勢を撥ね返すなど、体調が万全でない中でも最終ラインを上手く支えていた。
 
39 伊野波雅彦 6
状況に応じて攻守両面に関与。M・トスカーノをフリーにさせてしまった1失点目に反省は残るも、及第点は与えられるだろう。
 
25 橋本 和 6
2列目との連係から左サイドを崩す場面が度々見られた。オーバーラップのタイミングは良かっただけに、クロスの精度が低かったのが悔やまれる。
 
MF
7 ニウトン 5.5(HT OUT)
持ち前のパワフルな守備で存在感を示すも、パスミスが散見。暑さの影響からか、本来の出来に比べるとやや低調だった。
 
17 田中英雄 7
パスを配球しつつ、中盤のバランスを見ながら、後方のスペースもカバー。攻守のつなぎ役として働きながら、鮮やかなミドルで3点目を加点するなど、目を引くパフォーマンスを見せた。
 
24 三原雅俊 6.5
前半はマッチアップした大前に何度か突破を許すも、持ち前の守備力を生かしながらサイドや終盤のスペースを締める。致命的なミスも見られなかった。
 
13 小川慶治朗 6(HT OUT)
豊富な運動量を生かして、持ち場の左サイドを攻守に駆け回る。前半で交代となったが、自陣深くまで敵を追い続けた献身ぶりは印象的だった。
FW
MAN OF THE MATCH
10 ルーカス・ポドルスキ 8(63分 OUT)
左足と頭で2得点。衝撃のJデビューを飾り、この試合のヒーローに。ここぞのチャンスを確実に決めるあたりは、さすがだった。
 
19 渡邉千真 6.5
ゴールこそなかったが、力強いキープ力や前線から積極的にプレスを仕掛けてチャンスを創出。随所で起点となった働きは称えられる。
 
交代出場
MF
29 大森晃太郎 6.5(HT IN)
怪我が癒え、4試合ぶりに出場。切れ味鋭いドリブルで攻撃にリズムを生み、右クロスからポドルスキの2点目をお膳立てしたその働きは見事だった。
 
MF
23 松下佳貴 6.5(HT IN)
攻守の切り替えが良く、味方がボールロストした後のプレスバックでことごとくピンチを阻止。縦パスからポドルスキの先制点を導くなど、存在感を示した。
 
DF
4 北本久仁衛 6(71分 IN)
コンディションが万全ではなかった岩波に代わって出場。急遽訪れた出番にも違和感なくプレーして、最終ラインを下支えした。
 
監督
ネルシーニョ 7
修正ポイントを洗い出して、後半にチームを勢いづかせた采配は見事。後半頭から投入した大森、松下が機能した点も見逃せない。
【チーム採点・寸評】
大宮 5.5
組織的な守備とカウンターがハマっていた前半は良かったが、1失点後から徐々に隙を見せて瓦解。攻守とも、細部の精度に課題が残った。
 
【大宮|採点・寸評】
GK
1 加藤順大 6
ポドルスキの2発を止めろと言うのは酷だろう。結果は褒められないが、パフォーマンス自体は決して悪くはなかった。
 
DF
47 岩上祐三 5.5
守備面では後半から出場した大森のドリブルに手を焼いた印象。時折、積極的にサイドを攻め上がったが、あと一歩が足りなかった。
 
2 菊地光将 6
タイミングを見計らった鋭いインターセプトでピンチの芽を摘んでいた。1対1の局面では、ポドルスキとの勝負も引けを取らなかった。
 
3 河本裕之 6
滞空時間の長いヘッドで敵の攻勢を跳ね返していたが、2失点目はポドルスキのパワーに屈する。それまで致命的なミスがなかっただけに、悔やまれた。
 
22 和田拓也 5.5
クロスの質を欠いたのは反省点。自陣のサイドから2失点目を喫した守備面を含めて、課題が残る出来だった。
 
MF
28 長谷川アーリアジャスール 5.5
軽やかなボールタッチで攻撃を組み立てるも、違いを生み出せず……。ゴールに向かう迫力にも欠けていた。
 
40 茨田陽生 5.5
前半は要所を抑えた守備と、縦への推進力で存在感を顕示。しかし、次第に運動量が落ちたせいか、後半は攻守の切り替えがやや鈍かった。
 
33 マルセロ・トスカーノ 6
今夏に加入後、初ゴールをマーク。確かな技術の持ち主で、献身性を備えていることを見ると、今後に期待が持てそうだ。
 
15 大山啓輔 5.5
ポドルスキに先制点を与えたあたりから、スペースを埋めきれない場面が散見。守備をそつなくこなしていた前半のプレーを続けたかった。
 
10 大前元紀 5.5
存在感が際立ったのは、鋭いドリブルで脅威を与えていた試合序盤のみ。攻撃面で特大なインパクトを放ったとは言い難い。
FW
7 江坂 任 5
開始6分にGKとの1対1のビッグチャンスを逸したのがすべて。その後も度々チャンスに顔を出していたが、結果的にこのミスが響いた。
 
交代出場
MF
16 マテウス 6(58分 IN)
途中出場から2分後に、同点ゴールをアシスト。中盤からのチャンスメイクに加えて、積極的にゴール前にも侵入した。
 
MF
17 横谷 繁 5.5(58分 IN)
長短織り交ぜたパスを繰り出すも、味方との呼吸が合わず……。攻撃面で上手くアクセントを加味できなかった。
 
MF
37 カウエ ―(79分 IN)
今夏に加わって間もないせいか、味方との連係に不安を覗かせる場面も。フィットするには、まだ時間が必要だろう。
 
監督
伊藤 彰 5.5
失点後は交代カードもハマらず、成す術なく敗れた印象。試合の入りは良かったが、失点前にやや単調だった攻撃に手を打ちたかった。
 
取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。