[J1リーグ19節]鹿島3-0甲府/7月29日/カシマ
 
【チーム採点・寸評】
鹿島 6.5
前半は相手の守備ブロックを崩せず苦戦した。しかし、後半開始早々に先制点を挙げると、相手が前がかりになったところを突いて2得点。満足できる内容ではなくても、3-0快勝は評価できる。
 
【鹿島|採点・寸評】                           
GK
21 曽ケ端準 6
相手の決定的なシュートは少なかった。昌子のミスにより最大のピンチになった、ドゥドゥとの1対1のセーブは評価できる。
 
DF
22 西 大伍 6
攻守で最低限のことはこなした。守備では巧みなポジショニングでピンチを未然に防ぐ。攻撃では中央寄りにポジションを取り、ボランチをサポートする場面も。
 
5 植田直通 5.5
鋭い読みでボールを奪うこともあったが、相手に入れ変わられるシーンも散見。少々粗さが残り、自信を持つ空中戦でも目測を誤ることがあった。
 
3 昌子 源 5
どこか浮足立っている印象で、集中力に欠いていた。77分には安易なボールロストでこの日最大の決定機を与え、評価は低調。
 
16 山本脩斗 6
徐々にポジションを上げて攻撃に関与すると、42分に土居のクロスにヘッドで合わせる。前半、最大のチャンスは惜しくもクロスバーに嫌われた。
 
MF
4 レオ・シルバ 6
中盤低い位置でボールを受けてゲームをコントロール。この男が持つとゲームが落ち着く。スルーパスやミドルシュートも見せたが、ゴールには繋がらず。
 
20 三竿健斗 6
目立った働きはないが、要所でのボール奪取は冴えていた。46分、金崎に縦パスを供給し、先制点の起点に。
 
11 レアンドロ 6.5
序盤から積極的にシュートを放つ。ドリブルでチームに推進力を与えるだけでなく、少ないタッチでシンプルに味方を使いながら相手ゴールに迫る姿も良かった。金崎と安部のゴールをどちらも絶妙なパスでアシスト。
 
13 中村充孝 5.5
相手の徹底マークに苦しみ、ボールタッチ数が少なかった。ボールを持てば高い技術を見せるが、決定的な役割は果たせず存在感は薄かった。
FW
8 土居聖真 6(57分OUT)
攻守に渡って献身的なプレーを見せる。高い技術とオフ・ザ・ボールの動きが光り、前半は彼を経由した時が最もチャンスになっていた。しかし、ケガを抱えていたことが影響し、途中交代。
 
MAN OF THE MATCH
33 金崎夢生 7(76分OUT)
縦横無尽に前線を走り回り、精力的にボールを引き出す。後半開始早々、レアンドロとのワンツーから先取点を奪った。さらに、62分にはクロスで鈴木のゴールをアシスト。まさに、エースと呼ぶにふさわしい働きぶりだった。
 
交代出場
FW
9 鈴木優磨 6.5(57分IN)
ポストプレーで左に展開すると、そのままゴール前に走り出し、金崎のクロスに合わせて出場から5分でネットを揺らした。わずかに空いたゴール前のスペースを見つけ出すあたりにストライカーとしての嗅覚を感じた。
 
MF
30 安部裕葵 6.5(76分 IN)
少ないタッチで簡単に味方を使いながら、積極的に攻撃に関与。試合終盤にはレアンドロのスルーパスに反応し、GKを抜く落ち着きも見せてダメ押し弾を挙げた。
 
監督
大岩 剛 6.5
後半開始早々に先制点を奪い、相手が布陣を変えて前がかりになったところで鈴木を投入。素早い攻撃から鈴木が追加点を挙げると、その後に交代出場した安部もダメ押し点を挙げ、采配が的中した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
 
【チーム採点・寸評】
甲府 4.5
5-4-1の布陣で前半は健闘した。しかし、後半は開始早々に先制点を許すと、3失点で守備が崩壊。攻撃面でもプレーの精度は低く、またしても無得点に終わる。
 
【甲府|採点・寸評】
GK
23 岡 大生 4.5
後半開始早々に股を射抜かれて失点。その後もセービングでチームを救うことが出来ずに3失点を許した。
 
DF
16 松橋 優 5
前半はマッチアップした相手に自由を与えなかった。しかし、後半から中央寄りにプレーされたことで失点を重ねただけに、味方との連係を図りたかった。
 
5 新里 亮 4.5
後半開始早々、マークをしていた金崎にワンツーで簡単に打開され失点。前半は守備で奮闘していたこともあり、悔しい被弾だった。
 
4 山本英臣 4.5(74分OUT)
前半は周囲に指示を出し、堅固なブロックを築いた。しかし、カバーリングが遅れて先制点を許す。また、2失点目のシーンでは鈴木へのチャレンジがあまりにも安易すぎた。
 
6 エデル・リマ 5
守備における対人の強さはあった。攻撃でもアグレッシブな姿勢を感じた。だが、ひとつひとつのプレーは雑だった。
 
27 阿部翔平 5(54分OUT)
相手のサイドハーフを懸命にマークした。それに気を取られたか、攻撃では積極性が見られず。
 
MF
8 新井涼平 5
豊富な運動量を発揮し、攻守で懸命に走った。奪った後のパスを正確にできればチャンスは増えたかもしれない。
 
15 兵働昭弘 4.5
オフェンス面における精度の高いパスは光った。守備では強さを見せられず、貢献度は低い。
 
14 田中佑昌 5
積極的に裏へ抜け出す試みは感じられたが、味方と合わず。何度か届いたボールはチャンスにできず。
MF
11 堀米勇輝 5.5(63分OUT)
持ち前の技術で攻撃の起点になったが、決定的な役割は果たせず。徐々にトーンダウンし、途中交代した。
 
FW
9 ウイルソン 4.5
前線の基準点としての働きはほぼない。72分の決定機もゴールポストに嫌われ、またしてもノーゴールに終わる。
 
交代出場
MF
40 小椋祥平 5(54分IN)
阿部との交代でチームも5-3-2へシステムチェンジ。積極的にボールに関与し、チームとしてボールを保持する時間が増えたが、守備のケアが足りず失点を重ねた。
 
FW
10 ドゥドゥ 4.5(63分IN)
裏への抜け出しなど積極性は感じられたが、72分のクロスは雑でゴールに繋がらず。昌子からボールを奪った決定機もモノにできなかった。
 
FW
13 河本明人 5(74分IN)
精力的なプレッシングでチームに活力を与えようと試みた。だが、攻撃面では何もできず。
 
監督
吉田達磨 4.5
後半開始早々に先制点を許す。反撃を試みようとシステムチェンジし、前がかりになったところを突かれて、さらに2失点。相手にゲームをコントロールされていたと言えるだろう。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)