[J1リーグ19節]G大阪3-1C大阪/7月29日/吹田S

【G大阪3ー1C大阪 PHOTO】首位C大阪に先制点を許すもG大阪が怒涛の3得点で逆転勝利!

 G大阪が逆転勝ちで大阪ダービーを制した。

 試合は前半、互いに慎重な立ち上がりを見せるものの、最初にチャンスを掴んだのはG大阪。13分、今夏新加入でJデビュー戦となったファン・ウィジョがCKから至近距離でシュートを放ったものの枠を外してしまう。直後にはスルーパスに抜け出したファン・ウィジョが再びビッグチャンスを迎えゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定に。

 一方のC大阪も19分に山口蛍が強烈なミドルシュートを見舞うが、GK東口順昭の好守に阻まれた。前半はスコアレスで終えた。

 後半に入り、ゲームは立ち上がりから動きを見せる。51分、ロングフィードの競り合いから杉本健勇が抜け出し、左足でゴール左に流し込む。C大阪が先制した。

 G大阪は65分、左サイドを突破した藤春廣輝からのクロスをファン・ウィジョがヘディングシュート。GKキム・ジンヒョンの手を弾いたシュートはクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。G大阪が同点に追いつく。

 一進一退の攻防は77分にG大阪が勝ち越しに成功。CKから井手口陽介のキックに三浦弦太が頭で合わせ、逆サイドのネットに流し込んだ。G大阪が今季の大阪ダービーで初めてリードする。

 さらに、G大阪は86分、アデミウソンがドリブル突破から1対1を迎える。シュートはいったんは阻まれたものの、こぼれ球を拾ったアデミウソンがこれを押し込み、ダメ押しの追加点を奪う。

 結局、G大阪はその後のC大阪の反撃を抑え、3-1でタイムアップ。G大阪が大阪ダービーを制した。

 同点ゴールを挙げたファン・ウィジョは「デビュー戦でゴールを決められて嬉しい。これからもゴールを決めてチームに貢献したい」と語り、決勝点のDF三浦は「ゴールが入った瞬間は鳥肌が立った。大阪ダービーでの勝利は最高。ここから首位を狙っていきたい」と、ダービー特有の雰囲気のなかでの勝利を喜んだ。