耐えに耐えていた守備陣が持ち堪えられず、終盤にまさかの2失点。四国学院大香川西が掴みかけていた勝利は、手の平からするりとこぼれ落ちた。
 
 7月29日のインターハイ1回戦で、香川代表は強豪・星稜と対戦した。開始10分、ゴール前の混戦からMF西園凜が押し込んで先制。幸先良いスタートを切り、その後も高質な堅守速攻で対峙し、優位に試合を進めていった。
【インターハイPHOTO】東福岡、星稜、長崎総科大附、日大藤沢らが1回戦突破! 

 だが、後半に入ると前線で起点を作れず、徐々にボール支配で圧倒される。そして後半29分に被弾して同点とされると、敵の勢いを押し返せず、アディショナルタイムにPKを献上して逆転負け。四国の精鋭軍団の夏は、唐突に呆気なく終わりを告げた。
 
 今大会に並々ならぬ意欲を持って臨んでいたストライカ―がいる。県予選の大怪我で長期離脱を余儀なくされた本田功輝に代わり、エースの重責を担った?木慎也だ。
 
「もう終わってしまったんか、負けたんかと思うと、ホンマに悔しい。チャンスは少なかったけど、それでも3回くらいはあった。フィニッシュのところでまだまだ甘さがあると痛感したし、僕が決めないと勝てないと思ってたから、責任を感じてます」
 
 来春のジェフ千葉入りが内定した僚友・本田の分まで、という想いがあった。「今日も試合前に『お前やったら行けるよ』って言ってくれてたんですけど、あいつの期待に応えられなかった。本田を含めてチームみんなでインハイに勝負をかけてやってきてたから、残念です」と語り、少し遠くを見つめた。
 
 試合では、星稜の守備の要・敷田唯と丁々発止のマッチアップを展開。相手CBは「注目の選手だというのは知ってたんでもちろん意識した。やったりやられたりだったけど、点を取らせなかったのは自信になる」と振り返った。?木は裏への飛び出しから何度か好機を掴んだが、ショットが枠を外れたりGK新保大夢の好守に遭うなどいずれもモノにできず、ノーゴールに終わった。
 
 もともとは大阪の堺市出身だ。中学まではガンバ大阪ジュニアユースで英才教育を施されたが、もユース昇格は叶わなかった。一念発起し、四国への旅立ちを決意したという。
 
「昇格できないと知ったとき、いっかい大阪を出てみたいなと思ったんです。小学校時代からの尊敬してる先輩にアドバイスをもらって、香川に行って新しい挑戦を始めてみたいなと。僕にとっては正解やったと思ってます。兄貴ですか? 『ええんちゃうか、頑張ってこいや』って言うてくれましたね」
 
 この時だけは、照れくさそうに笑った。
 
 兄とは2つ年上で、現在ガンバのトップチームでプレーするU-20日本代表FW、?木彰人だ。ガンバのジュニアユース時代からエリート街道を入ってきた兄の背中をずっと追いかけながら、切磋琢磨を続けてきた。
 
「ぜんぜん体格が違うしプレースタイルも違う。僕には僕にできることがあると思うんですけど、やっぱり最近も(U-20)代表に行ってたし、すごく刺激をくれます。僕ももう一度代表に選ばれたいと思うし(2015年にU-16日本代表候補に選出)、あんな舞台に立ちたい。負けたくないって想いが強い」
 
 もちろん目ざすのは、兄と同じプロの舞台だ。この日も大雨のなか、複数のJスカウトが?木のパフォーマンスをチェックしていた。大きなアピールにはつながらなかったが、チャンスはまだ残されている。
 
「香川に来てから、自分でも驚くほど伸ばしてもらった。最初はホンマに細くてどうしようもなかったんですけど、当たりに強くなったし、いまではスピードも付いてきたと思う。僕の十八番ですか? ボールを受けて、サイドにはたいて、その折り返しをしっかり決めるところ。自分でゴリゴリ行くタイプではないんで。まだまだ課題は多いし、成長できる部分はあると思ってます。プリンスリーグ(四国)でもどんどんアピールしていきたい。そして選手権にも絶対に出て、今度こそ結果を残します」
 
 甘いマスクとすらっとした体形から、一見するとモデルのような風貌だが、プレー自体は実に泥臭い。理想とするストライカーも「岡崎(慎司)さんです。動き出しとかゴール前での粘り強さとかいつも参考にしてます」と明確だ。
 
 いまだ進化を続ける、香川西の浪速っ子FW。この夏の経験を経て、秋にはさらにスケールアップした姿を見せてくれるはずだ。そして戦列復帰する稀代のアタッカー・本田と、どんな連携を披露するのか。いまから楽しみである。
 
取材・文:川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)