[J1リーグ19節]G大阪3-1C大阪/7月29日/吹田S
 
 リーグ首位で迎えた初の大阪ダービー。勢いでは分があっただけに、12勝6分22敗と勝ち越されているライバルから12年3月以来の勝利を掴める――そんな機運が高まっていたが、蓋を開けてみれば1-3の逆転負け。杉本健勇が先制点を奪ったものの、その後は連続で失点し、再び苦汁を飲まされた。
 
 キャプテンの柿谷曜一朗は悔しさを噛み殺すように、淡々と試合を振り返った。
 
「負けることはある。それがたまたまダービーだった。悔しいですけど、ここまでセットプレーでやられていなかった分、やられることもある。マークを外したわけではないけど、クロスがDFの間に落ちてしまうこともある。それは仕方のないこと。繰り返さないことが大事。先制できて、いつもだったら守り切れていたが、それができなかったのは非常に残念。
 
(2点目のチャンスを決め切れなかったが?)ほんまにそこで決まったのかなと。そのあとすぐ入れられたし。チャンスは作れていたので、どっちに転ぶかは分からなかった。ダービーでガンバに転がってしまったのは残念。(ガンバとは)ルヴァンでも当たるチャンスがあるかもしれないから、そこで勝ちたい」
 
 また、内容で負けたわけではないと、同調するのは山口蛍だ。
 
「1点を取られるまでは自分たちのリズムで進められたが、その後のチャンスで取れなかった。2ゴール目を決められたのが大きかった。相手を勢いづけてしまった」
 
 一方、ユン・ジョンファン監督は自らの采配ミスを敗戦の理由に挙げる。
 
「選手たちは本当に良く走ってくれたが、自分の判断が遅れてしまった。選手たちの体力を管理しなくてはいけなかったが、それができなかったのが敗因だと思う。本来は先制点を奪うと、後半は5バックにするが、今日はもう一度チャンスを掴めそうな雰囲気だったので、そのままのシステムで戦った。しかし、失点してしまい、その後、選手たちの体力が落ちてしまった。後悔がある」
 J1が中断期間に入った際、C大阪は7月17日にフレンドリーマッチとしてセビージャ戦に臨み、22日にはスルガ銀行チャンピオンシップ開催のために前倒しで行なわれた22節の浦和戦を戦い、26日にはルヴァンカップのプレーオフ第2戦の札幌戦もこなした。山口は「(連戦での疲労は)言い訳にはできない」と語るが、疲れが溜まっていたのは事実だろう。
 
「全員が本当に悔しいと思うが、切り替えるしかない」とは杉本の言葉だが、痛恨の逆転負けを払拭し、心機一転、次節の札幌戦(8月5日)に進めるか。こういう時こそメンタルとフィジカル両面でのタフさが求められそうだ。
 
【G大阪3ー1C大阪 PHOTO】激闘の大阪ダービー!首位セレッソ大阪に先制点を許すもホームガンバ大阪が怒涛の3得点で逆転勝利!

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)