[J1リーグ19節]川崎2-5磐田/7月29日/等々力
 
【チーム採点・寸評】
川崎 5
立ち上がりからペースを掴み内容では圧倒。逆転を狙った後半立ち上がりにミス絡みで連続失点を喫し万事休す。内容を結果につなげられなかった。
 
 
【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 5
試合の行方を決めた3失点目を止めていれば…、とは思うがGKとしては厳しい場面だった。珍しく、決定機を決められ続けた。
 
DF
18 エウシーニョ 5
引いて守る磐田を相手に常に高い位置を取り続け、攻撃に関与し続けた。警告を受けた場面はらしくなかったが、審判にペースを乱されることなく試合を続けた。
 
5 谷口彰悟 5
2失点目が残念。その後、挽回のチャンスもシュートはポストに弾かれた。カウンターを沈めてきた相手の上手さを防ぎきれず。
 
23 エドゥアルド 5.5
同点ゴールをアシストした場面を皮切りに攻撃面でパワーを出していた。本職の守備面でも川又と激しくやり合うが、結果としての5失点は反省材料。
 
7 車屋紳太郎 5.5
攻撃では早いタイミングでのクロスでチャンスメイクしており、またパスワークにも顔を出して貢献はできていた。
 
MF
21 エドゥアルド・ネット 5.5(58分OUT)
セットプレーで決めた同点ゴールは見事だったが、守りを固める相手に対し、攻撃の手助けができていなかった。
 
10 大島僚太 4.5(75分OUT)
攻守でボールに関わり、いい働きぶりを見せていた。ただ、結果としてパスミスが試合の流れを決める3失点目につながってしまった。
 
14 中村憲剛 5.5
いつも通りのプレーぶりを発揮してピッチに君臨したが、結果的に引いた相手を崩しきれなかった。チームに勝利をもたらせなかった。
 
8 阿部浩之 5.5
引いた磐田に対し、ボールに顔を出し続けてプレーの組み立てに参加。ポストを叩くシュートを2本放つなど怖さは出せていた。結果につなげたかった。
 
2 登里享平 5.5(58分OUT)
プレー自体は悪くなく、よく攻撃に絡めていた。もう少し仕掛けてほしかったが、守ってくる相手だっただけに厳しい試合となった。チーム戦術で早めの交代となった。
FW
11 小林 悠 5
キャプテンとしてチームを牽引しつつ決定的なヘディングを放つなど点取り屋としての矜持は示した。ゴールを見せてほしかった。
 
交代出場
MF
19 森谷賢太郎 5(58分 IN)
効果的な働きはできなかったが、ブレ球のミドルシュートでゴールを脅かした。スペースが少なかっただけに難しい試合となった。
 
41 家長昭博 4(58分 IN)
2点差を追いつくべく投入されたが、その直後にパスミスし、4失点目のきっかけを作る。また攻撃時にバックパスが多いのも気になった。技術の高さを攻撃につなげられなかった。
 
MF
9 森本貴幸 5(75分 IN)
チームを勢いづかせる2点目は見事だったが、その後に訪れた決定機を外したのはいただけなかった。
 
監督
鬼木 達 4.5
評価が難しい試合だった。相手を圧倒した内容だっただけに、出来ていた点は評価したい。ただ、その試合を勝たせられなかった事実もある。あの内容で大敗した結果を重く見たい。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
磐田 7
内容では圧倒されたが、ある程度割り切って戦っており想定の範囲内であろう。2失点はしたが、5得点は見事。敵地での勝利に華を添えた。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
21 カミンスキー 5.5
雨の日ということでセーフティに試合を進めた。2失点は仕方ないが、キックがぶれていたのが気になるところ。
 
DF
3 大井健太郎 6.5 
圧倒的に支配される展開の中、適切なブロックを構築してゴール前で体を張った。1失点後に耐えたのが勝利に繋がった。
 
5 櫻内 渚 6.5
同点に追いつかれたあと、押せ押せになっていた川崎の勢いを殺す2点目を決めてチームに貢献。またサイドで主に守備に走り回り川崎の攻撃陣に簡単に仕事をさせなかった。
 
35 森下 俊 6
対人プレーでは小林悠に危ない場面を作られることもあったが、守備陣としてのまとまりは良かった。総じて攻撃的な川崎の攻撃陣をよく抑えていた。
 
41 高橋翔平 6
ボールを回される展開の中でも粘り強く試合をすすめる。またボールを奪うと、無理せずにシンプルにプレーして危機を回避した。守備のリズムを作った。
 
MF
8 ムサエフ 5
激しさを伴う守備で川崎からある程度自由を奪う。また攻守に走り回り運動量の部分でもチームを救う。惜しむらくは二度の警告で退場になった点。点差が付いており致命傷にはならずに済んだが、チームには迷惑をかけた。
 
10 中村俊輔 6
流れの中ではあまり目立たなかったが、影で川辺駿をフォローして彼の良さを引き出す。1-1にされたあと、CKで勝ち越し弾をアシスト。勝利への流れを手繰り寄せた。
 
13 宮崎智彦 5.5(87分OUT)
試合を通じて高い位置を取り続けたエウシーニョにある程度仕事をされてしまった印象がある。ただ、ボールへの素早いアプローチなどで火消しは続けていた。
 
15 アダイウトン 5.5(77分OUT)
前線の選手ながらその献身的な守備で川崎の攻撃のリズムを乱した。攻撃でも身体を張ってボールを引き出していた。一部危険なプレーが見られていたのが残念なところ。
 
MAN OF THE MATCH
40 川辺 駿 7(83分OUT)
劣勢の中の先制点でチームを勇気づけると、試合の流れを決定づける3点目を名手チョン・ソンリョンの股を抜いて決めた。守備面での貢献度も高くMOMにふさわしい働きを見せた。
FW
20 川又堅碁 6.5
守備的なチームにあって、前線で孤軍奮闘してボールを収め、攻撃への足がかりを作った。また決定的な5点目を決めて勝利を確実なものにした。
 
交代出場
MF
11 松浦拓弥 ―(77分IN)
守備のタスクが中心になったが、攻撃時に川又が競ったこぼれ球を狙った。
 
MF
7 上田康太 ―(83分IN)
 ピッチ中央に入り、前掛かりの川崎の圧力を跳ね返えした。
 
DF
24 小川大貴 ―(87分IN)
エウシーニョを封じるべく、左サイドに入る。試合を締めくくる。
 
監督
名波 浩 7
内容的には川崎に圧倒されるが、勝利に向けてチームをうまく戦わせた。結果的に敵地で5得点を奪っての大勝。その手腕は見事だった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 
取材・文:江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)