[J1リーグ・19節]広島 0-1 鳥栖/7月30日(日)/Eスタ
 
【チーム採点・寸評】
広島 5.5
幾度も鳥栖ゴールを脅かせたのは好材料。ただ「決めるべき場面で決めなければ」を地で行く試合になってしまった。痛いパスミスや寄せの甘さも見えた。
 
【広島|採点・寸評】
GK
34 中林洋次 5
75分に決勝弾となる超絶ロングシュートを決められる痛恨。ポジショニングが前掛かりになり過ぎていた。
 
DF
40 丹羽大輝 6(86分OUT)
対峙した吉田に決定的な仕事をさせず。本職ではないが、SBとして期待に応える働きだった。45+1分には、あわやのシュートを放った。
 
5 千葉和彦 5.5
最終ラインの統率と豊田&イバルボとのバトルは素晴らしかった。失点シーンは自身か水本のどちらかが寄せても良かったのでは。
 
4 水本裕貴 5.5
特筆すべきパフォーマンスではなかったものの、地上戦と空中戦ともに一歩も引かなかったのは評価したい。失点シーンは意思疎通が不足していたか。
 
3 高橋壮也 6
柏が内に絞ることで空いたスペースに猛ダッシュ。ファイナルサード侵入後のプレー精度は課題だが、積極性は買い。
 
MF
6 青山敏弘 5.5
前後左右にパスを散らして攻撃のリズム作りに尽力。一方で、安易なボールロストも目立ってしまった。
 
2 野上結貴 6(77分OUT)
慣れないボランチに入りながらも及第点のプレー。31分にはCKからゴールを襲うヘディングも見せた。
 
44 アンデルソン・ロペス 5.5(55分OUT)
後半開始早々にゴールを狙うなど、アグレッシブな姿勢を失わなかった。ただ、周囲との連動性を少し欠いていた印象だ。
 
30 柴?晃誠 6
細かなミスは散見されるも、それを補ってあまりある動きを披露。スペースメイクと走り込みの質は高かった。
 
18 柏 好文 6
サイドでボールを持てば確実に相手守備網を翻弄。同サイドでコンビを組んだ高橋との連係も良好だった。
 
FW
39 パトリック 6
最前線で身体を張るだけでなく、守備ではきちんとプレスバック。73分のヘディングなど決定機にはよく絡んでいた。
交代出場
MF
7 茶島雄介 6(55分IN)
A・ロペスと交代でピッチに立つ。59分にはカウンターで長い距離を走り、2分後には強烈なシュートでゴールを脅かした。
 
FW
50 工藤壮人 −(77分IN)
失点した直後に野上に代わって出場。ゴールを期待されたが、シュート1本の無得点で終了の笛を聞いた。
 
MF
10 フェリペ・シウバ −(86分IN)
試合終了間際に投入される。勝点を得るための采配であったが、大きくアピールするようなシーンを作れなかった。
 
監督
ヤン・ヨンソン 5.5
まだ選手に新戦術に対する戸惑いが見え、落とし込みは不十分。スーパーゴールを許してホーム初陣を飾れなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
[J1リーグ・19節]広島 0-1 鳥栖/7月30日(日)/Eスタ
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5
ピンチは少なくなかったが、全員が身体を張ってクリーンシートを達成。チャンスを一発で仕留めるところは、鳥栖寄りのゲーム展開だったと言えるのではないだろうか。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
33 権田修一 6
危険なシーンは数多くあれど、無失点で守り切ったのはさすが。セービングには安定感があった。
 
DF
8 藤田優人 6
柏と高橋の突破力に後手に回るシーンもあったが、集中力を持続して最後までしっかりと対応していた。
 
5 キム・ミンヒョク 6.5
パトリックに手こずった感は否めないが、無失点で終えたことは及第点以上の評価に値する。強さを注入していた。
 
35 青木 剛 6
チャンスを作られても、水際で広島の攻撃を阻止。ずば抜けた経験値が随所に生きたゲームになった。
 
23 吉田 豊 6
守備ではA・ロペスに勝利するも、持ち味の攻撃力は丹羽に上手く牽制されて発揮できず。高い位置に侵入はした。
 
MF
6 福田晃斗 6
藤田や高橋、田川の立ち位置を確認しながら、前後左右に気の利いたランを繰り返す。インパクトはなくとも、チームを大いに助けていた。
 
14 高橋義希 6.5(75分OUT)
押し込まれる時間帯も我慢してゲームコントロール。88分には相手のミスから一気にギアを上げて決定的なシュートを打った。
 
4 原川 力 6
キック精度は高く、サッカーIQの高さを示すボールサイドへの顔出しも披露。ただ、ポテンシャルを考えれば及第点が妥当か。
 
FW
27 田川亨介 6(51分OUT)
最終ラインとボランチの間で虎視眈々と隙を狙い続ける。15分には見事なラインブレイクからゴールを狙った。
 
32 ビクトル・イバルボ 6(63分OUT)
強さを生かしてボールを確保するシーンが見受けられた。しかし、ミスも少なくなく、キレはトップフォームから遠そうだった。
 
FW
11 豊田陽平 6.5(90+1分OUT)
ゴールネットを揺らせずとも、前線で競り勝って相手の脅威に。チョ・ドンゴンの決勝ゴールはこの男のエアバトルから。
交代出場
DF                      
15 チョン・スンヒョン 6(51分IN)
リーグ戦デビュー。188センチの長身を生かしたプレーだけでなく、スピードがある選手にも振り回されることなく初陣で勝利を挙げた。
 
FW
9 チョ・ドンゴン 6.5(63分IN) Man of The Match
豊田が競り勝ったボールを拾うと、躊躇なくシュート。ほぼハーフウェーライン上から決勝点となる超ロングシュートを決めた。
 
FW
22 池田 圭 −(90+1分IN)
クローザーとして豊田との交代で出場。前から全力でボールを追い続けて、課せられた役割を果たした。
 
監督
マッシモ・フィッカデンティ 6.5
スタメン起用、途中からの布陣変更、そして交代の采配。綱渡り気味ではあったものの、きっちりと結果を残した。
 
取材・文:古田土恵介(サッカーダイジェスト編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。