[J1リーグ19節]仙台1-1柏/7月30日(日)/ユアテックスタジアム仙台
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6
序盤こそバタつくも、守備時にバランスの良い5−4−1のブロックを敷いて堅実に戦った。攻撃の手詰まり感は否めなかったが、土壇場で追いつき連敗を止めた。
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 シュミット・ダニエル 6
78分のCKでは、シュートに触りながらも止められず、先制点を献上。しかし、それ以外ではセービング、フィードともに安定していた。
 
DF
13 平岡康裕 6
巧みなラインコントロールで堅守を構築。クロスへの対応、カバーリングもまずまずで、90分間落ち着いていた。
 
27 大岩一貴 5.5
クリスティアーノのパワーに苦しみ、マークを振り切られるシーンも。失点につながらたなかったものの、不安が募るパフォーマンスだった。
 
34 椎橋慧也 6
柏からのレンタル契約で欠場した増嶋に代わってピッチに立ち、リーグ戦デビュー。堂々とプレーし、60分には果敢に攻め上がり決定機を演出した。
 
MF
4 蜂須賀孝治 5(73分 OUT)
タッチラインいっぱいまで広がり、攻撃に幅をもたらした。守備では味方と絶妙な距離感を保っていたが、78分のCKで伊東のマークを外したのは痛手だった。
 
17 富田晋伍 6
無理に飛び込まずに相手にボールを回させていた。目立ちはしなかったが、的確なポジショニングで相手の侵入を食い止め、チームを支えていた。
 
18 三田啓貴 5.5
8分には際どいFKで会場を沸かせた。しかし流れのなかでは低い位置でボールを持つことが多かったのが惜しい。守備面が良かっただけに、もっと高い位置でプレーして攻撃で違いを生みたかった。
 
MAN OF THE MATCH
23 中野嘉大 6.5
上がり過ぎず、下がり過ぎず、絶妙なポジションニングが光った。後半アディショナルタイムには、果敢にゴール前へ飛び出して同点ゴールを奪取。敗戦濃厚だったチームを救った。
MF
28 佐々木匠 5.5(60分OUT)
8節の広島戦ぶりのリーグ戦出場。パスワークに積極的に絡み、テクニカルなドリブルを披露した。ただ決定機にはつながらず、徐々に運動量も落ちていった。
 
30 西村拓真 5.5(69分OUT)
序盤から力強い縦へのドリブルで攻撃に推進力をもたらした。しかし後半は守備に回る時間が多く、トーンダウンしてしまった。
 
FW
11 石原直樹 6
最前線で縦パスを引き出すと確実に足もとに収め、攻撃の基準点に。後半アディショナルタイムにはアシストをマーク。確実に相手の脅威となっていた。
 
交代出場
MF
7 奥埜博亮 6(60分IN)
時にはボランチの位置まで下がり、ビルドアップに関与。無難なプレーが多く決定機には絡めなかったが、攻撃のリズムを作ろうと試みた。
 
FW
20 クリスラン 6(69分 IN)
1トップに入り、背後を狙い続けた。なかなかボールが入らずひとり浮いていたが、終盤にドリブル突破から同点ゴールにつながるクロスを供給した。
 
MF
29 古林将太 5.5(73分IN)
仙台加入後、初出場。投入直後に正確なクロスでチャンスを創出し、攻撃面での期待感を抱かせた。一方セットプレーで、マークを外す場面も見られたのは課題だ。
 
監督
渡邉 晋 6
この日はプレッシングだけでなく、5−4−1のブロックを作ってリトリートを指示。守備面で、中断期間に落とし込んだという幅の広さを見せた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
柏 5.5
主導権を握りながらも、全体的に動きが少なくパスワークが単調になりがち。守備ではカウンターへの対応が遅れシュートまで持ち込まれていた。内容、結果ともに不満の残るゲームだった。
 
【柏|採点・寸評】
GK
23 中村航輔 5.5
8分に三田のFKを横っ飛びでセーブ。的確なポジショニングと大胆な飛び出しは健在だったが、終盤に失点を喫し、完封できず。
 
DF
4 中谷進之介 5.5
ボディバランスに優れる石原のマークに苦戦。特長のひとつでもある後方からのロングパスもこの日は見られず、攻守において中途半端なパフォーマンスだった。
 
5 中山雄太 5.5
カバーリングはまずまずだったが、カウンター時にトップスピードの相手を抑えきれない場面も見られた。失点シーンでは相手のシュートを掻き出せなかった。
 
13 小池龍太 5.5
一瞬の隙を突かれてクリスランに背後を取られて、失点に関与。それ以外では安定していただけに、もったいないミスだった。
 
22 輪湖直樹 6.5
豊富なスタミナを生かして献身的にアップダウンを繰り返し、攻撃でも守備でも大きな存在感を発揮。ボールロストも少なかった。
 
MF
7 大谷秀和 6
ミドルシュートのチャンスで精度を欠いた。ただ、こぼれ球の処理スピードはピカイチで、サイドハーフのカバーリングも秀逸だった。
 
8 武富孝介 5.5
精力的にボールを引き出した一方で、球際で競り負けるシーンが目についた。クリスティアーノとのコンビネーションも合わず、サイドを突破する回数は少なかった。
 
14 伊東純也 6.5
帰陣が遅れがちではあったものの、再三にわたる裏への抜け出しは効いていた。78分にはCKからヘディングで先制ゴール。攻撃面の活躍が目を引いた。
 
17 手塚康平 6(76分OUT)
相手のマークを巧みに掻い潜り、前を向く技術は素晴らしく、ビルドアップの質も申し分ない。しかし前方へのパスに乱れが生じ、決定機を作れなかったのが惜しい。
 
19 中川寛斗 5(60分OUT)
前半からハイプレスを忠実に体現するも、ボールが足につかず攻撃を停滞させることもしばしば。後半は相手のマークに苦しみ、60分に途中交代。
FW
9 クリスティアーノ 5.5(69分OUT)
相手DFの背後に抜け出したり、サイドに開いたりと多彩に動きまわるも、パスが出て来ず、シュートチャンスが少なかった。78分にCKからアシストも、物足りない出来だった。
 
交代出場
MF
15 キム・ボギョン 6(60分IN)
柏加入後デビュー戦。下がり目の位置から精力的にビルドアップに参加し、攻撃を活性化。求められた役割は果たした。
 
FW
11 ディエゴ・オリヴェイラ 5.5(69分 IN)
2、3人に囲まれた局面でも独力で突破する打開力は健在。しかしフィニッシュでは精度を欠き、ゴールを奪えなかった。
 
MF
37 細貝 萌 −(76分IN)
中盤の広範囲を走り回り、相手に圧力をかけ続けた。ただ失点シーンでは背後の中野を捕まえきれなかった。
 
監督
下平隆宏 5.5
76分に手塚と細貝を交代し、早めに守備固めを画策。しかし、1リードを守り切れず、勝点を取り逃した。
 
取材・文:多田哲平(サッカーダイジェストWEB編集部)
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。